もうワキ汗を気にしない!切らなくていい、ボトックス治療とは?

もうワキ汗を気にしない!切らなくていい、ボトックス治療とは?

暑い時、緊張した時、気になるワキ汗……この季節は特に気になりますよね。

ワキ汗が気になってグレーの服を避けてしまう女性も多いと聞きます。制汗剤や汗拭きシートが手放せない女性の方々、ボトックスって聞いたことありますか?

切らずに注射でワキ汗を抑えることができる治療があるんです。看護師として多くのボトックス治療をみてきた私も先日、試しに打ってきました。

「気になる効果は?痛いの?」という疑問に、ワキボトックスについて実体験をふまえてご紹介します!


●そもそもボトックスとは



ボツリヌス菌よりつくられる、ボツリヌス毒素を有効成分とする注射剤です。アセチルコリン分泌阻害の作用があり、一過性の筋肉麻痺を生じさせます。

ボトックスと聞くと、シワ治療というイメージが強いですが、ワキ汗治療にも使われているのです。


●ワキ汗がとまる仕組み



ボトックスは、ワキに注入することでエクリン汗腺の活動を抑えて、汗の分泌を抑えてくれます。

汗の量が減ると同時にニオイも減ります。効果は個人差もありますが4~6か月程度続きます。


●ボトックスはこうやって打たれる



主に皮膚科や、美容皮膚科で治療が可能です。

麻酔をする場合は、塗るタイプの麻酔を使ったり、直接ワキに麻酔を針で注射したりします。しかし麻酔をしないクリニックも多いです。

痛みが気になるところですが、採血よりももっともっと細い針でボトックスを注入するため、意外と痛みが少ないです。

汗の量や範囲などで打つ量や場所は違いますが、片ワキで10か所以上は刺されると思ってください。処置自体は両脇で10分もかかりません。

妊娠計画中など打てない時期もあるので、医師ときちんと相談してくださいね。

値段は多汗症と診断されない限り自由診療なので、ボトックスの種類や打つ量によってかなり違います

5~15万円ほどするので安くはないのですが、「これで約半年、ワキ汗のこと気にしなくていいなら……」と打つメリットは大きいようです。


●実際ボトックスをやってみた



私はつい最近、2回目のボトックスを打ってもらいました。痛みに弱い私も耐えられるくらいの痛みなので麻酔なしでできますし、1回目の効果が良かったのでハマりました。

痛みは、チクリと針が刺さる痛みと、薬が入る痛みです。インフルエンザの予防接種を何回も打たれている感じですね。

「まだ終わらないのか!」と思いながら耐えるのですが、ワキ汗がとまるならと思えば頑張れました。私の場合も10分くらいで施術終了でした。

ちなみに注射で内出血がありましたが、10日間ほどで消えました。

女性

効果はもちろんあって、本当に汗が全くでないです。グレーの服も怖くないですし、制汗剤や汗拭きシートの出番も少なくなりました。とにかく楽で、快適です。意外と汗は、本人にとって悩みのタネでもありますしね。


いかがでしょうか?ちょっと値段は張りますが、汗を気にしなくていい生活ってすごく快適ですよ。

多かれ少なかれ、ワキ汗やニオイで悩む女性は結構いると思います。思い切ってボトックス治療を受けてみるのもおすすめです。



ライター 大山久美
某市立大学の看護学科を卒業。同大学病院の婦人科病棟で4年間勤務後、クリニックにて2年間勤務。看護師ライターへ。
得意分野:女性の病気、不妊治療など