幸せな妻になる!旦那さんに「結婚してよかった」と思わせる4つの良妻テク

幸せな妻になる!旦那さんに「結婚してよかった」と思わせる4つの良妻テク

恋人同士の時とは違う、夫婦という関係。結婚をして家族になり、いつの間にか遠慮がなくなってしまう……。

ある程度は仕方ないことですが、本当はいつまでも旦那さんと仲良くいたいですよね。

旦那さんに「結婚してよかった」と思われるような良妻になるには、どんな心がけが必要なのでしょうか。



1)尊敬の気持ちを表現する



長い付き合いになってしまうと相手を自分の一部とみなしてしまい、旦那さんの良い部分を尊敬したり尊重することを忘れてしまいがち。

夫婦はあくまで元々は”他人”。だからこそその尊敬の気持ちをきちんと態度や言葉で表現するようにしましょう。

「だからダメなのよ」などの言葉だけでは、プライドの高い男性は徐々に自信を失ってしまいます。


2)一人の時間を与えてあげる



男性が結婚を躊躇する理由のひとつが、”自分だけの時間が減る”ということではないでしょうか。

結婚時には「あなたの時間を尊重する」と約束したのに、いつの間にか縛り付けてしまっていることも。

旦那さんの趣味や付き合いなど、過剰でないのなら許容することも必要です。


3)自立しているのに甘え上手



「何をするにも自分で決められない」「家で旦那さんを待っているだけ……」これでは重い存在になってしまいます。

仕事や趣味、人間関係など、自分で自分の人生を楽しく演出できる妻は魅力的です。でもこういう女性が陥ってしまいがちなのは、「自立しすぎて旦那さんを必要としなくなってしまう」こと。

やはり男性は頼られたい気持ちもあります。「あなたがいないと困ってしまう」という甘え上手な一面も持つことが大切です。


4)女性らしさを失わない



やはり大事なのが”女らしさ”。結婚後に安心しきって、旦那さんの前で気を抜いてしまっていませんか?

男性はいつまでも妻に美しくいてほしいと思っているもの。例えばたまのデートには思いきりおしゃれをしていくなどでもOK。

外見はもちろん、しぐさや態度なども、可愛らしさを失わずにいたいものです。


幸せな結婚生活は、まず相手への思いやりを持つことから。

そして男と女はあらゆる意味で”違う生き物”だということを認め、尊重することが大事です。

自分から言葉や態度をひとつずつ変えていけば、きっと相手も良い方向に変化していくのではないでしょうか。

より良い夫婦関係を構築して、幸せな良妻になりましょう。