女性のこんなことで?セックスレスを回避する、日常の小さな努力とは

女性のこんなことで?セックスレスを回避する、日常の小さな努力とは

付き合いが長い恋人同士や、結婚した夫婦でよくある悩みが、セックスレス。チャンスがあるのに1ヶ月以上セックスしていないカップルは、セックスレスといってもいいでしょう。

男性は定期的にマスターベーションで性欲を解消しているのに、女性に対して興奮してくれないというのも、悲しいもの……。

女性側にその気はあるのに、男性側が拒んでしまうパターンの“セックスレス回避”テクニックを紹介します。


●視覚を刺激:一番キレイな自分を見せる



「もう長い付き合いだし、いまさらおしゃれなんて……」そんな風に考えている女性は要注意。セックスレス男性の多くが、パートナーの“見た目”に少なからず不満を持っている傾向があります。

一緒に住んでいると、男性はだんだんと女性に飽きてきてしまうもの。毎日ノーメイクで、ボサボサの髪に適当な部屋着でいませんか?

たまに家で2人きりで一緒になる時間ができたときには、きちんと髪を整えてメイクをして接するようにしましょう。

ボディラインがはっきりとわかる女性らしいファッションも、男性の視線を集めます。


●聴覚を刺激:いつもと違うトーンで話してみる



彼氏や旦那さんに対して、いつも怒り口調で話をしていませんか?

自分を監視するような“怖い妻”には、セックスする気は減退してしまうもの。笑顔でゆっくりとしたトーンで会話を楽しみましょう。

ゆっくりと優しい口調で、パートナーを癒してあげる会話を楽しみましょう。「○○君は先週そんなことがあったんだね」など、付き合ったばかりのときに呼んでいた呼び方でドキっとさせるのも効果的です。


●嗅覚を刺激:男性とは違う香りをまとう



一緒に生活していると、同じシャンプーやボディソープ、柔軟剤を使うことで、同じような匂いにつつまれてしまいます。

パートナーとは違う、女性らしい香りを身にまとうことで性の違いを意識させてしまいましょう。

嗅覚は五感の中でも、一番早く脳に到達するといわれています。「今日はなぜか良い匂いがする」と感じさせることで、男性の性衝動を起こさせます。


●触覚を刺激:軽いスキンシップを習慣化する



いきなり女性からセックスを持ち込むと、引いてしまう男性が多いのも事実。そんなときでも自然なスキンシップを習慣化して、触れるチャンスを作りましょう。

くつろいでいる時間にソファで近くに座る、ひざまくらをする、耳かきをする、肩のマッサージをするなど、日常にはスキンシップの機会があります。

男性に触れるときには、ゆっくりと大切そうに触れてあげることで「何だかいつもより色っぽいな」と感じさせることができますよ。


いざ前戯まで至っても、なかなか挿入から射精までをスムーズにできないこともあります。そんなときでもあなたが「気持ちよかったよ」と伝えてあげることが大切。

男性はとてもナイーブな生き物であると心に刻んで、パートナーと幸せな時間を過ごせる小さな努力をしてみてくださいね。