もしかしたら病気のサイン?気になるセックスの痛みの原因と対処法とは

もしかしたら病気のサイン?気になるセックスの痛みの原因と対処法とは

セックスの時、痛みを感じてセックスに集中できなかったり、「したくないな」「早く終わればいいのに」とセックスを苦痛に思ったりしたことはありませんか?

もしかしたらその痛み、病気のサインかもしれません。

また、セックスの痛みは、パートナーと一緒に工夫すればやわらぐものもあります。

そんなセックスの痛みの原因と対処法をご紹介します。



●痛みの原因 膣の入り口の場合



・膣の乾燥
更年期以降や授乳中はホルモンの影響で膣分泌物が減り、乾燥しやすくなります。また、女性の膣が濡れてない段階での挿入も痛みにつながります。

・外陰部や膣の炎症
異物や生理用品などによる刺激、性器を不潔にしていることで外陰炎を起こすことがあります。また、クラミジアや淋菌などの性病により膣や子宮頸部に炎症を起こします。

・外陰痛前庭症
セックスだけでなく、性器や膣に触れるだけでジンジンとしみるように痛い場合は外陰痛前庭症であることが多いです。膣粘膜が弱っていたり、炎症を起こしていることが原因ではないかといわれています。


●痛みの原因 膣の奥や子宮の場合



セックスで奥まで挿入したときに感じる痛みは、

・子宮内膜症
・子宮筋腫や卵巣腫瘍などの腫瘍がある
・子宮や卵管などの炎症
・骨盤内の炎症

などの病気が考えられます。

また特別な病気でなくても、

・セックスに慣れていないこと
・生まれつき膣が狭いこと
・ラッテクス(ゴム)アレルギー
・緊張、不安、恐怖など精神的なもの

など様々な原因があります。


●痛みの緩和方法



膣が乾燥して擦れて痛い場合は、潤滑剤などを利用して潤いをプラスしてみましょう。

お店で買うのが恥ずかしければ、インターネットなどでも購入できます。

また、パートナーに協力してもらいゆっくりと時間をかけて前戯してもらうこともよいです。

そして子宮内膜症や性病、外陰痛前庭症、腫瘍、炎症などがある場合はまずは原因疾患を治療することが大切です。

どの疾患も婦人科で診察できます。

子宮内膜症や子宮筋腫、卵巣腫瘍などは病院を受診し治療してもすぐに治るものではありません。

「治るまでセックスをしない……」なんていうのもつらいですよね。

奥でも痛い体位、そうでない体位があるので、パートナーと一緒にいろいろと試してみてください。


●パートナーへは素直に伝えることが大切



まずは正直に“痛いこと”を伝えてみることも大切です。

原因となる病気があり、治療している場合はそのことも伝えましょう。

その上でゼリーやローションなど、潤滑剤の使用や体位の工夫を一緒にしてみてはどうでしょうか。

two

痛みがあることは本人もつらいことですが、パートナーにとっても「自分のせいかな」「セックスしない方がいいのかな」と気になるデリケートな問題です。

“痛いこと”もですが、“痛くなかったとき”“気持ちよかったとき”はそのことも伝えるとよいのではないでしょうか。

また、緊張や不安からもセックスの痛みにつながることがあるので、無理に挿入を試みるのではなく、キスやハグ、寄り添う、オーラルセックスなど、苦痛のない範囲でパートナーとのスキンシップをとることから始めることも大切です。


いかがでしょうか?

パートナーとのスキンシップのひとつであるセックス、せっかくなら苦痛なく、心地よくできるといいですよね。

また、病気のサインの場合もあるので我慢しないことも大切です。