そもそもどうして?女性のからだに「冷えが大敵」といわれる理由

そもそもどうして?女性のからだに「冷えが大敵」といわれる理由

まだまだ暑い日が続き、「暑い季節は冷えとは縁遠い」と思われそうですが、実はそうでもないのです。

よく「女性はからだを冷やしてはいけない」「冷えは女性の大敵」などといわれていますが、そもそもの理由を理解していない人が多いようです。

今回は『冷え』がどうしていけないのかと、暑い季節でもからだが冷える原因についてご紹介します。


●冷えると、臓器が正常に働かなくなってしまう



ここでいう『冷え』とは、からだが冷えてしまい、血流が悪くなることを指しています。血液は“酸素や栄養などを運ぶ役目”があり、からだが正常に機能するためには欠かせません。

血の巡りが悪くなると、臓器などに栄養や酸素が十分に行きわたらなくなってしまいます。そうすると、正常な働きができなくなる可能性があります。

「女性がお腹を冷やしてはいけない」というのは子宮やその周りを冷やすことにより、生理不順や不妊などを引き起こす可能性があることから、いわれていることです。

女性

また胃や腸が冷えると、消化吸収が悪くなったりすることもあります。


●筋肉の冷えは、肩こりや腰痛を引き起こす



また筋肉が冷えると、凝り固まってしまい、肩こりや腰痛などを引き起こすこともあります。逆に温めることで肩こりや腰痛・生理痛などが良くなるのは血の巡りが良くなるからです。


●体温が下がると太りやすく、病気になりやすい



また、体温が1℃下がると代謝が12%低下します。そして免疫力は37%低下するといわれています。

代謝が下がると太りやすくなり、免疫力が下がることで病気になりやすくなる……いいことなしですよね。


●冷えの様々な原因とは



筋肉が少ない:
熱は筋肉で作られます。女性が男性よりも冷えやすのは筋肉が少ないからです。

水分過多(むくみ):
塩分をとりすぎると、からだの中のミネラルバランスを保つために、からだは水分をためこみます。それがむくみです。むくみはからだを冷やします。

糖分のとりすぎ:
糖分をとりすぎると、血糖値の急激な上昇・下降によりからだが冷えます。また、白砂糖はサトウキビからとれています。一般的に暑い季節や場所でとれる食べ物はからだを冷やす作用があります。

からだを冷やす食べ物:
暑い季節や場所でとれる食べ物はからだを冷やす作用があります。クーラーなどがない時代であれば、それらがちょうどよくからだを冷やしてくれます。また、冬に夏野菜や南国フルーツをたくさん食べることは冷えにつながります。

エアコン:
もちろんですが、エアコンはからだを冷やします。

自律神経失調症:
自律神経が乱れることで、体温の調整がうまくできなくなることがあります。自律神経失調症はストレスやホルモンのバランスが乱れることにより引き起こされることがあります。この場合はまずは病院を受診することをおすすめします。


●具体的な冷え対策



・適度に運動をして筋肉をつける
一番基本で大切かもしれません。運動といってもランニングや水泳やヨガなど本格的なものでなくても大丈夫です。少しでも多く動くようにすると自然と必要な筋肉はついてきます。まずは、歩くことや階段を使うことでも大きな冷え対策になります。

・塩分、糖分をとりすぎない
外食やスーパーやコンビニのお弁当やお惣菜は、基本的に塩分が多いので気をつけましょう。
糖分に関しては、寒い地域でとれるメープルシロップやてんさい糖を使うとよいです。てんさい糖はからだを温める作用があり、オリゴ糖が多く含まれるので腸にもやさしいです。

てんさい

・過剰にからだを冷やさない
暑いから、といってアイスやスイカを食べすぎたり、エアコンを過剰につけたり……ということは控えましょう。


いかがでしょうか?生理の悩みや不妊にもつながるといわれているのが、からだの冷え。

冷えがどうしていけないのかをしっかり理解して、日常で冷えにつながる行動をとっていないか思い返してみてくださいね。



ライター 大山久美
某市立大学の看護学科を卒業。同大学病院の婦人科病棟で4年間勤務後、クリニックにて2年間勤務。看護師ライターへ。
得意分野:女性の病気、不妊治療など