また来年!活躍した「夏服」たちを、上手にしまっておく方法

また来年!活躍した「夏服」たちを、上手にしまっておく方法

季節はすっかり秋。そろそろ本格的に半袖ともお別れして、衣替えをしなければいけない季節ですね。

夏の間大活躍した夏服たちは、丁寧にしまって来年また気持ちよく使えるようにしたいもの。今回は夏服の上手なしまい方についてご紹介します。



●汚れてしまった夏服のケア



夏は思いっきり遊んで服を汚してしまうこともしばしば。

特にお子さんの服は泥汚れや汗などでボロボロになっているかもしれませんね。

ヘビーローテーションだった服には、汗や皮脂の汚れがつきやすい襟や脇の下の部分に、洋服用の中性洗剤をつけて指で優しくなじませ、その後洗濯ネットに入れてドライコースで洗いましょう。

黄ばみが目立つ部分には、スプレータイプの塩素系漂白剤を吹き付けてから洗濯機に入れます。

全体的にくすんでいる場合は、洗濯用の洗剤と塩素系漂白剤を入れて約1時間つけ置きするのが最適です。


●水着のケア



夏特有の衣類である水着。

普通の洋服と同じようにしまっては、来年傷んで着られない、なんてことも。しっかりとケアをしてしまっておきましょう。

まず水着は、手洗いがベスト。洗濯機の脱水機能を使うと生地を傷める可能性が高いです。

手洗いの場合は、おしゃれ着用の洗剤を入れ丁寧に押し洗いを。干す時は、陰干しがおススメ。

素材にもよりますが、多くの場合水着はポリウレタンが使われています。

この素材は太陽光に弱いため、陰干しをすると傷めないで済みます。

収納するときは、女性用の場合はカップを潰さないように注意してくださいね。


●収納時は、ラベルを貼って見やすく



洗濯も終わりいざ収納、という時は、良く着た服とあまり着なかった服で種類分けし、しまった収納箱にラベルを貼って整頓しておくといいでしょう。

来年“良く着た服”を先に出し、もしあまり着なかった服を出すこともなければ、その次のタイミングで断舎離すべきもの。

子供服はサイズアウトの問題があるため、サイズごとに分けラベルを貼っておくといいかもしれません。

今年ピチピチで来年着るのは難しいというものは、おさがり要員としてまとめておきましょう。


思わず考えずに、“やっつけ”で行ってしまうこともある衣替え。

ですが来年衣装ケースを開いた時にガッカリしないためにも、きっちりとケアし、整理整頓しておくことが大事です。