男性心理を解説!付き合う前のセックスで本命女子になれない理由

男性心理を解説!付き合う前のセックスで本命女子になれない理由

「彼といい感じだと思ったのに、付き合う前にセックスをしてしまいだめになってしまった」という経験を聞いたことはないでしょうか。

学生はもちろん、大人の女性にも声を大にして伝えたい……「付き合う前にセックスをしてはいけない!」と。色々と戦略を立てるのもいいけれど、これを間違えてしまっては元も子もないといっても過言ではありません。

なぜ付き合う前にセックスをすると、本命女子になれないのでしょうか。男性心理から解説します。


●男性はハンター気質



これはよく聞く話ですね。動物は基本的に“逃げられたら追い”、“追いかけられたら逃げる”という性質があります。

もちろん、女子にだってその気持ちはありますが、男性はそういった傾向がDNAに組み込まれています。男性の恋愛は、ホルモンにより大きく影響を受けているのです。


●セックス前後で変わる、男性の心理



男性の気持ちを盛り上げるホルモンは、出会った時から徐々に増え、獲物を得るまでがピークといわれています。

そして、簡単に手に入れば、「こんなもんか」という心理になります。逆に苦労して苦労して手に入れた女性は、「大切にしよう」という心理になります。

付き合う前にセックスしてしまうと、ホルモンは減っていくので、「付き合いたい」という気持ちも生まれにくくなってしまうのです。


●愛情があるからセックスするわけではない



女性

女性は基本的に“好きな男性としか”セックスをしないことが多いです。むしろ、「好きじゃない人とはしたくない」とも思います。

しかし、男性ではどうでしょうか?男性は女性と違い、気持ちがなくてもセックスできます。『セックスした=好き・大事に思っている』ではありません。

セックスをしたがために、好きではない女性にも甘い言葉をささやけます。食事をおごったりもします。言い換えれば「食事代だけでセックスできる」というように考えている男性もいます。

付き合ってもいないのにセックスをしてしまうと、セックスが目的の男性かどうか判断できなくなります。

もちろん他にもサインはありますが、付き合う前にセックスをしないことが、この“セックスが目的の男性”を見極める簡単な方法ではないでしょうか。


●婚活女性を狙う男性もいるって本当!?



25~30歳の女性は、周りが結婚し始め、また30歳という区切りを目前にしているため、“結婚”というキーワードに敏感になりがちです。また、長く付き合っていた彼氏と別れた後、女性は暴走しがちです。

焦りにより、冷静に判断できなかったり、勢いで身体の関係をもってしまったり、好きでもないのに付き合ってみたり……ということが多いように感じます。


●「優しい人だったのに……」リアルな体験談も



実際に何度か耳にしたことがあるのが、この年頃の婚活女性を狙って遊ぶという男性がいるという話……。

加害者?から被害者?までリアルな声を聞くと男性側からは、

「“結婚”“結婚”と、焦っているのがすぐわかる。だから逆に少し優しくするだけでセックスに持ち込める」

「結婚を焦っているのが丸わかりだと、ちょっと引く」などの声が。

逆に女性からは、
「条件もいい、しかも優しくて私に気のある感じだと思った。1回関係を持ったら連絡が徐々に少なくなっていった」という体験談も。

婚活女性の不安な気持ちを逆手にとり、セックス目的で近寄る男性もいること肝に銘じておきましょうね。


●彼を見極めるには……



デート

付き合う前には、急な誘いで夜に飲みに行くことなどは避けて、きちんと日程を合わせた昼のデートを提案してみましょう。

それから何回かデートをするようになっても、無理に会おうとせずにまめに連絡をくれたり、気持ちや行動に変動のない男性ならば、きちんと付き合う対象として考えている可能性が高いです。


いかがでしょうか。「ついなりゆきで……」と許してしまうと、本命彼女のチャンスを失ってしまいかねません。

自分の恋愛感情と身体を大切にすることが、本命女性への近道かもしれませんね。



ライター 大山久美
某市立大学の看護学科を卒業。同大学病院の婦人科病棟で4年間勤務後、クリニックにて2年間勤務。看護師ライターへ。
得意分野:女性の病気、不妊治療など



セックスに関する悩み相談を見る