もう振り回されない!ママ友と上手に付き合うための、4つの秘訣

もう振り回されない!ママ友と上手に付き合うための、4つの秘訣

子供が生まれたら、いつかは必ずできるのが「ママ友」。最近ではこの言葉を聞くとネガティブな想像を先にしてしまうほど、トラブルが多いイメージですよね。

ですが上手に付き合えば、ママ友は誰よりも強い味方になります。では付き合う際に心がけておくべきことは、どんなことなのでしょうか。


秘訣1)連絡先の交換は慎重に



例えば子供が幼稚園に入園したとします。入園後、ママさん同士がいきなりLINEのグループを作ったり、たくさんの人に連絡先を聞かれたりすることもあるはず。

ですがここで誰にでも気軽に連絡先を教えて、すぐにグループに入ってしまうのはトラブルに巻き込まれるモトです。

ママ友に限らずですが、焦って急激に関係を縮めるのは危険。

連絡先を教えるのは、自分に合った価値観の人なのか、ある程度見極めてからの方が安心です。


秘訣2)全てあけすけに話すのはNG



ママ友は、学生時代からの友達とは違います。なんでも思っていることをあけすけに話すのはトラブルを引き起こす原因に。

例えば、夫への愚痴や仕事の内容などは、よほど心を許しあっていない限りは避けましょう。また、子供の教育方針に関しても同じです。

思ってもいないことを言う必要はありませんが、言っていいことと悪いことの区別を、通常の人間関係よりもきっちりとしておいた方が良いでしょう。


秘訣3)一つのグループに浸かり過ぎない



ママ友同士のトラブルが起こる原因の一つに、「グループにドップリと浸かってしまう」というものがあります。

トラブルに巻き込まれず上手くやっているママさんは、どのグループにも属さず誰とでも適度な距離感を保っています。

一つのグループでの定期的なイベントに毎回参加するのは危険。最初から、いつでも断れる状況やどこの所属でもない立場を作っておくことが大事です。


秘訣4)「サッパリとした感じの良さ」を心がける



これらのことを貫く時、「話していて感じが悪い」「誘っても全然乗ってこない」という状態では逆に全くママ友ができなくなってしまいます。

大事なのは「距離感ある付き合いならウェルカム」だという姿勢。

いつもサッパリと明るく接していれば、誰かに嫌な思いをさせることも少ないはず。

相談事を受けた時には真摯に答え、また自分が困った時も抱え込みすぎず誰かに頼ってみましょう。


上手く付き合えば、ママ友は子育てにおいて誰よりも頼りになる戦友となります。そのためにはまず焦って距離を縮めすぎないこと。

本当に気が合う人たちであれば、いずれ打ち解けた関係になるはず。思いやりを忘れずきちんと自分の意見を主張できれば、きっと大丈夫です。