気まずいを回避!彼と今よりもっと仲良くなるための、ケンカの仲直り術

気まずいを回避!彼と今よりもっと仲良くなるための、ケンカの仲直り術

恋人同士なら必ず起こるケンカ。些細なことから大きなきっかけまで、理由は色々ありますがそのままこじれて別れに繋がるなんていうことも。

できることならケンカをうまく収めて、これまで以上に仲良くなりたい!そんな時のための「仲直り法」をご紹介します。


●なるべくその日のうちに解決



浮気などの致命的な問題以外は、その日のうちに解決することが大切。翌日まで持ち越すとお互い色々なことを考え「本当は合わないのでは?」などの考えに至ってしまうことも。

また、どちらかが折れているのになかなか許さない、というのもこじれる原因。ケンカをしたら、言いたいことは溜めこまずにその日のうちに吐きだしてしまいましょう。

そして感情的になるのはなるべく短い時間にして、その後は冷静に話し合う時間を作りましょう。


●これからどうしていきたいかを明確にする



いつも些細なケンカを繰り返しているカップルは、実はケンカの原因は同じであることが多々あります。

つまりその場で謝っただけでなんとなく解決してしまっては、きっかけは違っても同じような原因でまたケンカしてしまう可能性があるのです。

「こういうケンカがまた起きた場合、自分が怒っている理由はこれである」ということを伝え、「ではどうしていくのがベストなのか」「お互いの地雷を踏まない方法」を話し合っておきましょう。


●仲の良い時、ケンカのルールを決めておく



いざケンカをしてしまうとお互いカッカしてしまい、なかなか素直になれません。

仲の良い状態の時に、「次にケンカしたら、ちゃんとその日中に解決しよう」「どちらかが謝ったら、もう一方も謝る」などのルールを決めておくと、ケンカの時もそれを守るようお互い努力できるかもしれません。

ケンカの解決法を事前に話しておくことは、とても大切です。


ケンカは、しないで溜めこむより、したほうがいい場合もあります。きちんと話し合ってケンカ前よりも成長できるように活かせれば、決して無駄ではありません。

お互いを思いあう気持ちを確認しつつ、思っていることを言えるといいですね。



恋愛に関する悩み相談を見る