働く女性必見!出産前後にもらえるお金の話

働く女性必見!出産前後にもらえるお金の話

共働きで家計を支えている世帯が多い中、妊娠・出産・育児による妻の休業は痛手ですよね。

そんな働く女性を応援する制度があるのをご存知でしょうか?未婚の女性も既婚の女性も、将来妊娠や出産を希望しているなら、知っておくべき制度をご紹介します。


●ポイントは健康保険と雇用保険



働いていて、「健康保険」「雇用保険」に加入していると、出産前後にもらえる給付金があるんです。

「妊娠したら、お金がまわらない……」と悩んでいる方、もしかしたら給付金があればやりくりできるかもしれませんよ。


●出産育児一時金



これは広く知られていますね。どちらかの親が健康保険に加入していればもらえます。加入している健康保険の種類は関係ありません。子ども一人につき42万円もらえます。

申請については、女性が働いている場合は女性が加入している健康保険へ申請手続きをします。

家族の扶養に入っている場合は、保険料を支払っている被保険者の加入している健康保険へ申請手続きをします。

お金は健康保険から、直接病院へ支払いされることが多いです。ですので、出産時にまとまったお金を用意する必要がなくなりました。


●出産手当金



出産手当金は、働く女性が妊娠出産で会社を休み、給料が支払われない場合に給付されます。

これは勤務先の健康保険から支払われます。(残念ながら国民健康保険加入者はもらえません)

ちなみに、パートやアルバイト、契約社員でも、1年以上勤務先の健康保険に加入し、保険料をきちんと支払っていればもらえます。

また、退職する場合でも条件によって支給を受けられるので勤務先にしっかり確認してみてください。

もらえる期間は、出産日以前42日(多胎妊娠の場合は98日)から出産日の翌日以降56日までの範囲です。

もらえる金額は、1日につき“『支給開始日の以前12か月間の各標準報酬月額を平均した額』÷30日×3分の2”です。

ちなみに、申請しないと支給されないので、勤務先に確認・申請してくださいね。


●育児休業給付金



育児休業給付金は、復職が前提の会社員がもらうことができ、雇用保険から支払われます。

1歳(条件によっては1歳2か月、1歳6か月)未満の子どもを育てるために育児休業を取得した場合、休業前2年間に通算12か月以上勤務しているなど条件を満たせば、給付を受けることができます。

もらえる金額は、休業当初6か月は給料の67%、それ以降は50%支払われます。


いかがでしょうか。意外と知らない健康保険や雇用保険のサポート内容。しっかり活用して、少しでも家計の手助けとなるといいですね。



ライター 大山久美
某市立大学の看護学科を卒業。同大学病院の婦人科病棟で4年間勤務後、クリニックにて2年間勤務。看護師ライターへ。
得意分野:女性の病気、不妊治療など