その行動がセックスレスに!男性が女性を“女として”見られなくなるとき

その行動がセックスレスに!男性が女性を“女として”見られなくなるとき

大きな声では言えないけれど、かなり多くの人が抱えている悩み、それがセックスレス。

長い付き合いの中でお互いを異性として見られなくなってしまうことは良くあることです。ですがもちろん、事前に防ぐことが出来るのなら防ぎたいもの。

今回は「男性がどんなことで女性に対して萎えてしまうのか」についてご紹介します。


●女性の容姿の変化



「やっぱり……」と言いたくなってしまいますが、これが男性側の最も多い意見にあがっているようです。

「付き合いはじめはスレンダーだったのに、あきらかに太った」
「長い付き合いの間で安心したのか、女性としての努力をしなくなった」
「奥さんのことは好きだし愛情もあるが、女性としてはもう見られない」など。

ずっと同じではいられないのは当たり前ですが、女性らしくあろうと努力をすることは何より大事。

やはり容姿に気を遣うことは、欠かせない要素のようです。


●彼に対してのリスペクトが足りない



容姿だけじゃありません。言葉遣いや生活態度も、男性の気持ちに大きく影響を与えます。

「あんたと呼ばれたり、乱暴な言葉遣いをされたりすると、さすがに抱きたいという気持ちはなくなる」
「仕事から帰宅しても、横になってのんびりお菓子を食べている姿を見たら、萎えてしまう」など。

見た目だけ美しくてもダメ。女性らしさを失ったパートナーに、男性はドン引きしてしまうでしょう。

自分がされたら呆れてしまうようなことは、相手にとってもNGです。


●男性のタイプによる?「立ち会い出産」



夫婦にとって、子供が生まれるというのは大きな出来事です。

もちろん幸せなことには間違いないのですが、出産の諸々でセックスレスになってしまう夫婦はたくさんいます。そのきっかけの一つが、「立ち会い出産」。

赤ちゃんが生まれるその瞬間を共に分かち合える素晴らしさはもちろんあるのですが、男性のタイプによっては立ち会い出産後に「どうしても妻を女性として見られなくなった」という人もいるよう。

出産は命がけで、いつもは見せない顔や姿をさらすことにもなります。人によっては、あまりの壮絶さに具合が悪くなってしまう男性もいるのだとか。

「立ち会い出産がそのままセックスレスに繋がる」というわけではありませんが、自分の夫がどんなタイプかを見極め、もし嫌がっていたり、迷っていたりするようでしたら「無理に立ち会いをさせない」というのも一つの手かもしれません。


一度セックスレスになってしまうと、元通りに戻るまでにはなかなか大変。なるべくそうした事態を引き起こさないよう、努力することも必要です。

ずっと仲良しでいるためにも、パートナーの立場に立って考えることが大切かもしれません。