結婚や出産時に役立つ!お祝いとお返しのマナー

結婚や出産時に役立つ!お祝いとお返しのマナー

日本には贈り物とお返しの文化が古くからあります。タイミングや心遣いが大切になっているお祝いとお返しのこと知っていますか?

目上の方からお祝いをもらうことも多いので、知っておくと役立ちますよ。


●お祝いのいろいろ



お祝いには様々なものがありますが、ラルーン世代で多いのは、『結婚』『出産』『家の新築』などのお祝いではないでしょうか?

心からのお祝い・お返しを気持ちよく贈るためのマナーには、どんなものがあるのでしょうか。


●贈るときのポイント



・結婚祝い

披露宴に招待されている人は当日にお祝い金を持参するのが今では一般的です。披露宴に招待されていない人がお祝いの品を贈る場合は、挙式の1週間前までに直接届けるか、郵送するようにしましょう。

水引は金銀や赤白の結びきり(一度きりという思いをこめて!)、熨斗(のし)紙の表書きは『寿』や『祝ご結婚』など。

・出産祝い

生後1週間から1か月の間に贈るとよいでしょう。産後はママも赤ちゃんもゆっくりとしたい時期なので、訪問する時期、時間帯なども考慮してくださいね。

赤白蝶結びの水引に、熨斗紙の表書きは『御出産祝』。

・新築祝い

完成して2週間以内にお渡しできると良いです。当日持参する際は一緒にいく方のことも考慮しましょう。

戸建以外にもマンション購入などの場合でもお祝いしましょう。物入りの時期なので、本人の希望を聞いてみてはどうでしょうか。

赤白蝶結びの水引に、熨斗紙の表書きは『御新築祝』や『新居御祝』と。

水引の下には送り主の氏名を書くのが基本です。


●外熨斗と内熨斗



包装紙の外側に熨斗紙をかけるのが外熨斗、包装紙の内側に熨斗紙をかけるのが内熨斗といいます。

基本的には手渡しの場合は外熨斗、郵送の場合は内熨斗にすることが多いです。地域で違いもあるので、ご両親や購入先の店員さんにきいてみましょう。


●郵送の場合は日柄もチェック



郵送する場合はお祝いの品は大安に届くのがベスト。カレンダーで日柄をチェックしてみてくださいね。


●お祝いをもらったらまずはお礼を伝えましょう!



お祝いを頂いた場合、直接であればもちろんお礼は伝えているとは思いますが、郵送などで頂いた場合も、なるべく早めにまずは電話で感謝の気持ちを伝えましょう。

メールやアプリのメッセージよりも電話の方が丁寧ですよ。後日直接会う機会があればその際にも直接お礼を言うことを忘れずに!


●お返しは必ず必要?



お返しは必ずしも必要というわけではありませんが、一般的には披露宴に招待しなかった人からの結婚祝い、出産祝い、新築祝いはお返しをします。

披露宴に招待した人には披露宴でのおもてなしや引き出物が内祝いとみなされることが多いです。


●お祝いのお返しのポイント



・結婚
結婚式から1か月以内が理想的です。熨斗紙の表書きは『寿』や『内祝』、水引は赤白の結びきり、の新郎新婦の名前を書きましょう。頂いたお祝いの3分の1から半額程度の品が目安。結婚式の写真を添えるのも良いです。

・出産
水引は赤白の蝶結び、熨斗紙をつけ、表書きが『内祝』とし、赤ちゃんの名前を書きましょう。砂糖や鰹節、お菓子やタオルなどを贈る方が多いですね。生まれてきた赤ちゃんの写真を添えると喜ばれますよ。

・新築
家に招待し、食事などでおもてなしすることがお祝いのお返しとなります。招待できなかった人には、頂いた金品の半額程度の品をお返ししましょう。

熨斗紙や水引、名前についてわからなければ、デパートなどの購入先で教えてくれますよ。


●手紙を添えると丁寧



お祝いやお返しは直接手渡しできるのが一番ですが、そうもいかないこともありますよね。そんな時は郵送でも大丈夫ですが、その時は手紙を添えるのが丁寧です。

文章は短くてもよいので、お祝いや感謝の気持ちを丁寧に書くと喜ばれるのではないでしょうか。

目上の方であれば縦書きの便箋を用意するとよりよいでしょう。友人などの親しい間柄であればカードなどで簡単なメッセージでもOK。手書きの手紙をもらうとやっぱり嬉しいですよね。


いかがでしょうか?お祝いやお礼にもマナーがあります。気持ちが込められてるからこそのマナーばかりなので是非覚えておいてくださいね。



ライター 大山久美
某市立大学の看護学科を卒業。同大学病院の婦人科病棟で4年間勤務後、クリニックにて2年間勤務。看護師ライターへ。
得意分野:女性の病気、不妊治療など