直接は恥ずかしい!上手に可愛くカレをその気にさせる方法

直接は恥ずかしい!上手に可愛くカレをその気にさせる方法

「女性だって、誘いたい時がある。でも、もし断られたら……?」「もし、嫌われたら……?」そう思うとなかなか行動に移せなかったりしますよね。

あまりに直接的だと引いてしまう男性も多いようですが、上手く誘えば逆に女性としての魅力をアップするきっかけにもなるはず。

いったいどんな誘い方なら、男性はグッとくるのでしょうか。


●先にベッドに入って「早く来て」



2人で部屋にいる場合、「エッチしよう」という直接的な言葉を使わなくても、ベッドにもぐりこんで「こっちに来て!」と誘えばどんなに鈍感な男性でも気づくはず。

布団をすっぽり被り、顔だけ出して恥ずかしそうに言えば可愛さ満点。きっとすぐに布団に飛び込んで来てくれるはず。


●首筋や耳にキスする



首筋や耳など、いつもと違う部分にキスをされるとドキっとする男性が多いよう。

実は耳へのキスは心理学的に「誘惑」の意味があるのだとか。

性的な興奮を感じる部分でもあり、普段しないのであればなおさら「お誘い」のサインと分かってくれるはず。


●お風呂に誘ってみる



「一緒にお風呂に入ろう」と言われて、嫌がる男性などほとんどいません。

直接的ではありながら、そのセリフ自体にはそこまでいやらしさがないのがポイント。

冗談っぽく「今日は一緒に入ろうか!」と言うこともできますし、万が一断られたとしても、お風呂を断られただけなのでそこまでダメージがありません。

いざ一緒にお風呂に入ることになったら、すべてを見せすぎずに恥じらいを持つことも忘れずに。


●背中から抱きしめる



男性は平然と言われるより、恥ずかしがっている女性が、なかなか誘えないでいる方が興奮します。

背中からギューっと抱きしめて「どうしたの?」と言われたら「なんでもない」「こうしたかっただけ」などとモジモジしているだけで、ほとんどの男性は気づくはず。

目があったら、恥ずかしそうに背を向けるなども効果的です。


多くの男性が、女性から上手に誘われたいと思っているはず。

あまり我慢せず、素直に彼への愛情を表現すれば、きっと彼もあなたの気持ちを受け止めてくれるのではないでしょうか。