調味料を変えるだけ!家族のためにおいしい健康ごはん

調味料を変えるだけ!家族のためにおいしい健康ごはん

実は調味料を変えるだけでも、おいしくてからだにいいごはんを作れるってご存知ですか?

調味料を工夫することは、お料理上手への近道ともいえます。しかもからだにいい調味料ばかり!

実はよく知らない人も多い、調味料の魅力をお伝えします。


●食べ物がからだを作る!



当たり前ですが、私達は口にいれる食べ物から栄養をとり、からだづくりをしています。

高い食材を使わなくてもおいしいごはんは作れるし、高いサプリメントを飲まなくても健康にいい食べ物はたくさんあるし、高い化粧品を使わなくても美容にいい食べ物がたくさんあります。

「美容や健康にいいから……と」基礎化粧品やサプリメントなどにお金をかけている人もいますが、実は食事を見直す方が結果的には美容や健康にいいのです。


●まずは塩をかえてみる



健康に関していえば、食事で一番に気を付けたいのは“塩”です。

まずは普段使っている塩の原材料名を、チェックしてみてください。“塩化ナトリム”としか書いてなかったりしませんか?それはいわゆる「精製された塩」です。

では、そうでない塩って?昔ながらの製法で作られて塩は、カルシウム、マグネシウム、カリウムなどのミネラル成分がたっぷり。

現代人はミネラル不足で健康障害を引き起こしているともいわれています。そして塩って意外と商品によって味が違うんですよ。精製された塩は辛いけど、ミネラルたっぷりの塩はあとからほんのり甘味も感じます。

塩をいいものに変えるとからだの冷えを防いだり、便秘や肌荒れ、イライラなどにも効果があるといわれています。

ミネラルウォーターを飲むより、ちゃんとした塩を使った料理を食べればミネラルはしっかりとれるともいわれていますよ。


●昔ながらの醤油の秘密



“醤油”と名のつくものをたくさん売られていますが、実は昔ながらの醤油がどんどん手に入りにくくなっています。

醤油はスーパーフードのひとつでもありますが、それは“ほんものの醤油”のこと。スーパーで安く売っている醤油はスーパーフードとはいえず、「脱脂加工大豆」などを用いた、添加物がたっぷり入った調味料です。

昔ながらの製法でできた醤油は原材料が“丸大豆、小麦、食塩”だけでできています。麹菌や酵母がゆっくりじっくりタンパク質を分解して、うま味成分であるアミノ酸を作り出します。発酵食品なので健康にもいいですよ。

ちなみに昔ながらの製法で醤油を作ると半年以上かかりますが、添加物たっぷり醤油は塩酸でタンパク質を分解させるので2~3日で出来上がってしまいます。

実は国産丸大豆を使った昔ながらの製法で作られている醤油は、なかなか手に入りません。

醤油を選ぶときには、原材料名を見てみましょう。少し高いかもしれませんが風味や栄養価も違う、シンプルな材料で作られた醤油は料理の格をあげてくれますよ。


●みりんとみりん風調味料



スーパーで並んで売っていることが多い、“みりん”と“みりん風調味料”の違いはご存知ですか?

大きな違いはまず、酒類に分類されるかどうか。みりんは酒類、みりん風調味料はそうではありません。

みりんは、もち米・米麹・アルコールを熟成させて作られているので、アミノ酸などのうま味成分が含まれています。コクがあって上品でまろやかな甘みが出せます。

みりん風調味料はブドウ糖や水あめ・香料などを使ってみりんに似せたものです。みりんよりも糖分が多く、また塩分も添加されています。

糖分や塩分が多く含まれるものは、健康にはよくないですね。

みりんよりも安く手に入りやすいこと、アルコールを飛ばすための“煮切り”の必要がないことが利点ですが、料理の味としてはもちろん天然のうま味成分がある“みりん”に軍配があがります。


●甘味は白砂糖だけじゃない



甘い味付けといえば“砂糖”、だけではありません。白砂糖は精製されているので、血糖値が急激に上昇・下降しやすく、あまりおすすめされていません。

また白砂糖はからだも冷えやすいので、控えたい食品のひとつです。

でも砂糖の代わりになる食材もいっぱいあるんですよ。

・はちみつ

料理に使うと味がまろやかになります。

・メープルシロップ

ビタミン、ミネラルが多く含まれ美容効果もあり、カロリーが低めなのも嬉しいです。

・てんさい糖

てんさいは寒い地域で育ち、からだを温める効果があるといわれています。


●便利な顆粒だし……けれど?



顆粒だしは、安くてさっと使えてとっても便利ですよね。しかし実は顆粒だしには塩分がいっぱいで、実際にはほとんどだしの成分は入っていません。

味が濃くなるのでおいしく感じますが、濃い味に慣れるのはおすすめできません。

鰹節や昆布や煮干しからおだしをとれば、旨味成分で美味しく健康にもとてもよいです。塩を入れずとも美味しいお味噌汁ができます。ミネラルなどの栄養もたっぷりとれるので健康や美容にもいいんですよ。

でも、「日々おだしをとることができない……」なんて方もいますよね。そんな方にはだしパックがおすすめです。

だしパックは顆粒だしよりも少し高いですが、味は格段にアップします!商品の裏に書いてある原材料名がなるべくシンプルでわかりやすいものがおすすめですよ。

“食塩”が前の方に表示されているものは塩分が多めなので気を付けて!


調味料は毎日使うものなので、せっかくならおいしい健康に良いものを使うことをおすすめします。

サプリメントや健康食品にお金をかけるのもいいけど、せっかくなら食事の中でおいしく栄養をとって健康でありたいものです。

家庭の食卓にあった、お気に入りの調味料をみつけられると良いですね。



ライター 大山久美
某市立大学の看護学科を卒業。同大学病院の婦人科病棟で4年間勤務後、クリニックにて2年間勤務。看護師ライターへ。
得意分野:女性の病気、不妊治療など