体目的の男は変わらない?セフレから本命になれるのか問題

体目的の男は変わらない?セフレから本命になれるのか問題

お互いに身体だけ、それ以上は求めない関係の「セフレ」。

ですが心と体が別の男性とは違い、女性は「好きだから身体を許していたけど、いつの間にかセフレ扱いになってしまった」という人も少なくないのでは?

割り切っているつもりでも、「本心を言えば恋人になりたい……」。

果たしてセフレになってしまってから本命になることは、可能なのでしょうか。



●男性は簡単に手に入ると興味が薄くなる



男性は基本的に「狩猟本能」で動いているもの。

手に入らないからこそ追いかけ、どうしても自分のものにしたくなります。

ですがセフレという存在はそれとは真逆。

簡単にセックスという最終目標に達してしまうと、相手に対する興味が薄くなりいわゆる「身体だけの都合のいい女」状態に。

ここから逆転に持っていくには、基本的には難しいと言えます。


●本命昇格を望むならNG行為はコレ!



「それでも一筋の希望を捨てたくない」と思うなら、彼と会う時にこんな態度をしていないか、チェックしてみましょう。

例えばプライドが邪魔して「私も遊びよ」という言動を、過剰にしていないかどうか。

楽な女性に見え彼からの誘いも増えるかもしれませんが、これではどんどん「都合のいい女」になるだけ。

お互い見栄の張り合いで「割り切り」をアピールするのはNGです。

逆に、「本当はあなたに本気なんです」という言動をしすぎるのもNG。

セフレという関係がはっきりしている以上、こうした言動は確実に彼を「引かせて」しまいます。


●じゃあどうすればいいの?



押しても引いてもダメ。それならもう可能性はないのでは?と思いますが、実際にセフレから彼女に昇格した女性もいます。

そのほとんどに共通するのが 「友人としても欠かせない存在になった」という部分。

長い間セフレを続ける間にも、セックスだけではなく相手との会話を大事にしましょう。

その会話の中で、彼が普段何を大事にしているのか、何を面白いと思うのかを知り、友人として彼の心に近づいていく。

ひょっとすると彼にも情が湧き、あなたを手放せないと思うかもしれません。


基本的には難しい「セフレから本命」への昇格。

ですが気持ちがホンモノであれば、通じることもあるかも。

まずは「即ベッド」の関係は止めて、お互いを知るための努力をしたいものです。