知ってるだけで得をする!結婚式を節約する方法

知ってるだけで得をする!結婚式を節約する方法

「結婚式にはお金がかかる……」というイメージがありますよね。実際に何も知らないままだと、あれよあれよと高くなる結婚式の費用。

実はいろんな方法で費用をおさえることができるんです!

これから結婚式を挙げる人もいつかは結婚式が挙げたい人も必見の、結婚式の節約方法を、実際に式を挙げた経験をふまえてご紹介します。


●手作りで節約できるもの



一番一般的でよく実践されているのが、手作り関係ではないでしょうか?

・招待状や席札、席次表などのペーパーアイテム

ネットや東急ハンズなどで手作りキットが売っています。1~2万円程度節約できます。ただ、誤字脱字などの心配や手間の割に節約できないなどの意見も。

ただし、このペーパーアイテムにも「持ち込み料」がかかることもあります。契約する前に確認しておきましょう。

・ウェルカムボード

友人に頼んでいる人も多いですよね。私は友人に作ってもらったものに加え、前撮りの写真にフォトショップなどのソフトを使って文字を入れ、自分の好きな額を用意して作りました。

・映像関係(オープニング、エンディング、生い立ちムービーなど)

手間はかかりますが、一つあたり3~5万円程度節約できます。もともとの金額が高いので大きな節約になりますし、手作りでオリジナリティあふれるムービーが仕上がりますよ。

オープニング、エンディングのムービーは用意しないという新郎新婦も多いです。


●値段を聞いてびっくり映像関係



映像関係の値段は、目玉がとびでるほどのお値段だって知っていますか?

式場によっても違いますが、アルバムの内容や写真枚数によってスナップ撮影で15~25万円程度、動画撮影で15~25万円程度。

私は実際に結婚式を挙げるとき、この値段にとってもびっくりしました……。

さらに、披露宴のエンディングムービーでよく見かける、当日の撮って出しムービーは動画撮影とは別で、15万円程度します。

写真やビデオだけで、全部頼んだら50万円を超えてしまいますよね!

私は友人、夫の同僚達がホームビデオで撮ってくれるとなったので、動画撮影は式場に頼みませんでした。

楽しい解説や私達から見えない式場の雰囲気を見られたので、とっても満足でしたよ。ただ、出席者に頼むとその人に負担がかかるので、そこは配慮が必要ですね。

またムービーや撮影関係にも「持ち込み料」がかかる場合があるため、注意してくださいね。


●最初が肝心!



実は式場との値段交渉って最初が肝心なのです。契約してしまってから値引き、ということはほとんどありません!

ほとんどの会場は、最初の見積額からどんどん値上がりしていきます。最初に値段交渉をすることがおすすめです。

結婚式の下見で来館するとき、何か割引になるサービスがないかをあらかじめ見ておくと交渉しやすいです。

いくつか会場を見て比較している場合は、「この金額がネックになっている」など正直に伝えた上で納得して契約しましょう。


いかがでしょうか?結婚式の節約方法ってやりたいことを我慢することだけじゃないんですよ。

色々な方法を活用してぜひ一生に一度の素敵な結婚式、披露宴をあげてくださいね。