赤ちゃんの脳の発達に大きく関わる?絵本の効果

赤ちゃんの脳の発達に大きく関わる?絵本の効果

赤ちゃんが生まれ少しずつ成長してくると、親子のコミュニケーションの一つとなるのが「絵本の読み聞かせ」。

絵本を読むことは親子関係においても、赤ちゃんの脳の発達を促すためにも大変良い効果があると言われています。

そんな絵本の効果と、おすすめの読み聞かせ方法を解説します。


●こんなにある!「絵本」の効果



0歳から始まり、自分で文字を読めるようになるまでは続く、絵本の読み聞かせ。

読み聞かせは、大人が自分としっかり向き合ってくれているという「安心感」を与えます。

ゆっくりと絵本を読む時間をとることにより精神的にも落ち着き、さらに読み手である親の方までリラックスする効果があるとか。

また、子どもの脳にももちろん良い効果があります。ある研究によると、読み聞かせ中には子どもの脳の大脳辺縁系が活発になるとのこと。

大脳辺縁系は喜怒哀楽を生み出す場所。つまり絵本を読んでもらうことにより、感情豊かでさらにそれをコントロールする力もつくと考えられているのです。


●読み聞かせの時「やってはいけない」NG行為



読み聞かせは、ただ読めばいいというものでもありません。

まずは子どもに理解できるように、早口にならずゆっくりと語りかけることを心がけましょう。

感情を入れて読むのは良いですが、あまりに感情が入り過ぎたりセリフにアドリブを入れたりするのはおススメできません。

絵本は何度も繰り返し読むもので、その本ならではのリズムがあります。子どもの想像力を邪魔しないためにも、過度なアドリブはしないようにしましょう。

また、読んだ後に「どうだった?」など感想を強いるのもNG。子どもたちは心の中で何かしらの思いや想像を抱えていますので、無理に聞きだすとその世界を壊してしまうかも。

自ら感想を話しはじめた時は、喜んで聞いてあげましょう。


●赤ちゃんの頃から、読み聞かせを



まだまだ言葉が分からないと思ってしまう0歳児にも、読み聞かせの効果は十分あります。

もちろん長いストーリーを聞くことはできないので、最初は絵だけのものや擬音が中心のもの。シンプルな繰り返しが出てきたり、絵の色彩がハッキリしているものが赤ちゃん向きです。

1歳、2歳と成長していくにつれ、ストーリー性のあるものや主題があるものに変えていきましょう。

お気に入りの絵本が必ず出てきますから、「読み飽きたな~」と思っても繰り返し読んであげるようにしましょう。


絵本は大人と子どもを繋ぐ大事なアイテム。読んであげることによって子どもにも大人にもきっと良い効果があります。

どんなに長くても30分もあればできるコミュニケーションの時間ですので、1日に1度はゆっくり絵本を読む時間をとってみてくださいね。