無理せずスリムな体に戻す!子育てしながら産後ダイエット

無理せずスリムな体に戻す!子育てしながら産後ダイエット

出産をすると、大きく変化する女性の身体。産後は体調や気持ち、体質なども今までとは変わり、苦労することも多いのでは。

中でも「産後、体型が戻らない……」「どうしたら産前のようにスリムに戻れるの?」と、体重がうまく落ちないことに悩むママさんはたくさんいます。

今回は「産後ダイエット」を、無理なく成功させるコツをご紹介しましょう。


●もっとも効果的なのは母乳を出すこと



妊娠中に蓄えてしまった脂肪を元通りにするための一番の近道、それはやはり「母乳育児」をすること。

母乳を赤ちゃんに1日与えることは、1時間以上のジョギングをするよりカロリーを消費すると言われています。

産後にこのようなハードな運動をすることはほぼ不可能ですし、母乳育児は動かずにカロリーを消費できる最も良い方法と言えます。

とはいえ、「なかなか母乳が出ない」という方もいます。こだわって自分を追いつめてしまうのも良くありませんが、和食中心で食物繊維をたっぷり摂ると、母乳の出が良くなると言われています。食生活を見直してみるのも良いかもしれませんね。


●骨盤のズレを治す生活を心がける



「体重は戻ったのに、昔履いていたジーンズが履けなくなった」「下半身だけ、なぜかお肉がついて取れない……」こんな話、産後のママさんから良く聞くのでは。

産後下半身か太りやすいのは、骨盤のズレにより代謝が悪くなることが原因の一つと言われています。

出産によって広がった骨盤は3,4か月かけてゆっくりと戻っていきますが、この時にきちんと矯正することでその後の下半身が大きく変わってきます。

骨盤矯正ベルトなども有効ですが、産後動けるようになってきたらストレッチを行うのも効果的。

過度な筋トレは厳禁ですが、ストレッチはきちんと行えば骨盤は正常な位置に戻りやすくなり、代謝も上がります。


●赤ちゃんのご飯にあわせて、ヘルシー料理に移行



赤ちゃんは6ヶ月ごろから、離乳食がスタートします。最初は素材そのものの味。そしてだんだんと、薄味をつけて食事をするように。そう、赤ちゃんの食事はとってもヘルシー。

脂肪分はほとんど摂らず、野菜や魚、タンパク質が中心です。このタイミングで、自分自身の食事のメニューもヘルシーなものに変更しましょう。

野菜たっぷりの薄味スープや味噌汁、魚などの和食中心の料理。大人がこうしたヘルシー料理にすれば、離乳食や乳幼児の食事にも簡単に移行できます。

こうした食事は母乳を作るのにも良いと言われていますので、一石二鳥です。


産後ダイエットは、最初の1年が肝心。かといって焦って産前と同じダイエットをしては体調を崩してしまいます。

急に落そうとするのではなく、ゆるやかに半年から1年かけて元に戻すのが理想。

無理のない形で、キレイなママさんを目指し頑張ってくださいね。