パルファムやコロンの違いって?香水の名称やマナーを知ろう

パルファムやコロンの違いって?香水の名称やマナーを知ろう

新しい出会いの春、「お気に入りの香りを変えてみたい!」と考えている人も多いのではないでしょうか。

香水といっても、表示をみるとパルファムやオーデコロンなど、表記が違っていますよね。

今回はそんな香水の名称の違いと、香水をつけるマナーについてご紹介します。


●香りの持続が違う!名称の違いとは



一般的に、香水の名称は香りが持続する時間によって、違いがあります。

・パルファム:香料の割合が15~25%程度で、5時間~半日香りが続く。

・オードパルファム:香料の割合が10~15%程度で、5時間ほど香りが続く。

・オードトワレ:香料が5~10%程度のもので、3時間ほど香りが続く。

・オーデコロン:香料が3~5%程度のもので、2時間ほど香りが続く。

持続させたい時間によって、どの香水をつけたらいいのかを選んでみましょう。


●濃度が高いパルファムはつけすぎに注意



香料の割合が高いパルファムは、少量でもかなり強い香りを放ちます。このパルファムを腕や服など、全面につけてしまうのはマナーとして、あまりおすすめしません。

ほんのり香る程度にしたければ、オーデコロンやオードトワレを選んで、途中でつけなおすようにしましょう。

「自分では全然足りないかな?」と思っても、実は周囲に強い香りを感じさせていることもあります。

家族や恋人に確認するようにすると、安心ですよね。


●天気によって香水の量を調整しよう



香水は温度や湿度によって、香りの強さが変わってきます。

高温多湿の夏は、量を控えないと強く香りが際立ってしまうので、つけすぎには注意してください。

逆に、空気が乾燥した冬は香りの持続が続かないこともあるため、つけなおすようにしましょう。

香りは、その人の印象に大きく影響します。お気に入りの香りを上手にまとって、新しい季節を楽しんでくださいね。