「実際どうなの?親との二世帯住宅」義理の両親編

「実際どうなの?親との二世帯住宅」義理の両親編

二世帯同居を考える時、2つのパターンがあります。1つは自分の両親との同居。次に、義理の両親との同居です。

女性にとってはよりハードルが高いのが「義両親との同居」ではないでしょうか。

嫁・姑問題は人間関係のトラブルの中でもメジャーなものですが、昔と違い最近は良い関係でいられる場合も多いよう。

今回は「義理の両親との二世帯住宅」でのメリットや注意点をご紹介します。


●最初が肝心!距離感を保つ



同居を考える時点で、義両親のことを大嫌いというわけではないはず。これからも良好な関係を保つため、どちらか一方がムリをしないということが大切です。

それにはやはり最初が肝心。これからどんな生活にしていきたいか、どんな生活パターンを望んでいるのかをきちんと話し合いましょう。

嫁という立場から何かを伝えるのが難しければ、夫から伝えてもらいます。

その時、夫には「自分の意見(妻に言わされているわけではない)」だということを強調してもらった方が、誤解されずにすむかもしれません。


●実は大事なのは、夫婦関係



義理の両親と一緒に住む場合、一番大切なのは「夫との意思疎通」かもしれません。

同居における意識が夫婦間で違うと、何かあった時に2人の関係がぐらついてしまいます。そしてそのぐらつきに対し義両親も不信感を持ってしまうはず。

二世帯で住む場合、それぞれが独立した別世帯であることを夫とも確認し、いつまでも両親の子供ではなく世帯主だという意識を強くしてもらうことが大切です。


●遠慮しすぎないで、お願いできることはする



義両親との関係で、嫁の立場からあまりお願い事は出来ないと思うかもしれません。

もちろん相手のタイプにもよりますが、あまりに「頼らない」と決めてしまうと距離が遠くなりすぎてしまうかも。

特に子供が生まれた場合、義両親にとっては「内孫」。上手に甘えて、手が足りない時はお願いしたほうが、向こうも張り切ることが出来るかもしれません。


●元々は他人同士。だからこそ距離も保ちやすい



昔は「嫁はこうあるべき」という考えも強かったものですが、最近ではそういった古いしきたりもなく義両親とカジュアルに付き合う夫婦も増えています。

また、本当の両親は血のつながりがあるためお互い遠慮がなくなりがちですが、義両親は元々他人同士。逆に新しい関係が1から作りやすいのではないでしょうか。


核家族のメリットもありますが、子供と1対1になり助けてくれる手もなく、追い詰められてしまうお母さんが多いのも確か。

同居の中でも比較的プライバシーが守られやすい「二世帯住宅」は、今後改めて見直されてくるのではないでしょうか。