赤ちゃんができたら考える「保活」の準備

赤ちゃんができたら考える「保活」の準備

待望の赤ちゃんがやってきた!色々やらなければいけないことはありますが、産後も仕事を続けたいママにとっては「保育園探し」も気になるのではないでしょうか。

「復帰するのはまだまだ先のこと……」、なんて思っているとあっという間。産後復帰を決めている人は、妊娠中から少しずつ「保活」を始めて行きましょう。


●余裕のある妊娠期に、情報収集を



赤ちゃんが生まれてしまえば、毎日がバタバタとあっという間に過ぎてしまいます。

そしてあっという間に締切間近、大慌てで調べ始める、なんていうことも。

まずは保活の流れを把握する、自分の住んでいる地区の状況はどのくらいなのかを知るなど、情報収集は妊娠中からスタートさせると余裕を持てます。


●まずは役所へ。自分たちの状況を知る



保活で一番の情報をくれるのは、なんといってもお役所。自分たちの住んでいる場所の保育園状況はどうなのか、近くにどんな保育園があるのか、マップや資料などをもらいに行きましょう。

自分の家庭の状況を伝えれば、場合によってはどのあたりの点数になるのか、おおまかに教えてくれることも。

そのためには、自分の会社の制度も今一度しっかり確認しましょう。


●夫婦で話し合う



保活は当然、ママ側だけの問題ではありません。共働きになれば、パパだってお見送りやお迎えなどをすることもありますし、通勤の場所によってはどちらかだけが大きな負担を抱えることにもなります。

生まれた後の生活パターンやお互いの仕事の変化など、包み隠さず話しておくことが大切。一緒に保活やその後の共働き生活を乗り越えていくという共通認識を持っておきましょう。


●先輩ママに聞く



もし近所に働く先輩ママがいるのであれば、色々と聞いてみましょう。この地区の特徴や新しい情報、お役所では教えてくれない保育園の口コミなどを知っているかもしれません。

同じ地区でなくても、保活を経験してるママさんならその流れは把握しているはず。友達などに聞きこみすることは大切な保活の一つです。


妊娠中の保活は、実際にあちこちに行って見て回るというより、自分の状況を把握することが大切かもしれません。

早く行動したからといって入園が確実になるわけではないですが、直前で慌てないためにも情報収集はしておく方が無難です。