春はストレスの季節?なんだか調子が出ない時の対処法

春はストレスの季節?なんだか調子が出ない時の対処法

暖かくなり、なんだか浮かれる春。身も心も軽くなるはずなのに、なんだかイマイチ調子が出ない……そんな風に思っている方はいませんか?

春は元気になる季節と思いがちですが、実はストレスも溜まりやすい季節。心が不安定になりやすいのです。


●春は「木の芽時」



3月から4月にかけての季節を「木の芽時(このめどき)」というのをご存知でしょうか。

木(き)の芽や虫たちが冬を終え動き出す季節。実はこの時期は、昔から「精神的に一番バランスを崩しやすい」と言われているのです。

理由の一つは、寒暖差。ずっと低かった気温が急激に温かくなったり、また寒くなったり……春の安定しない気温差が、ストレスとなってしまいます。

それが自律神経のバランスを崩し、精神的に不安定になってしまうのです。

やる気が出ない、疲れが取れない、体がだるい……昔の人は、こうした春の不安定な状況を「木の芽時」と名付け、いつもより養生しながら過ごしたのだそう。


●新しい生活が始まり「環境の変化」がある



気温差についていくのがやっとの状態の中、春は新しい生活がスタートする時期でもあります。

入学や入社などの大きな変化はもちろん、移動や、大事な人との別れ、そして新しい人たちとの出会い。自分自身はネガティブな思考を持っていないつもりでも、こうした変化をストレスに感じないわけはありません。

ここで無理をしてしまうと、ストレスを溜めこみ「5月病」にも繋がっていしまいます。


●良く食べ、運動するのが一番の解決法



ストレスが溜まりやすいこの季節、まず基本の解消法は「良く食べ、良く運動すること」です。日本人は、こうした変わり目に旬の食材をとり、最も高い栄養価をとることで心身の病気を防いできました。

この時期に効果的な食べ物は、タケノコや春キャベツなどの旬の素材。また、「たらの芽」「にんにくの芽」「蕾菜(つぼみな)」など芽の食材も身体にパワーを与えてくれるそうです。

運動は、無理をせず気持ちの良い範囲で行いましょう。冬の寒さで身体が硬くなっていることも気持ちが落ち込みやすい原因。

ヨガやピラティスなどの身体を柔らかくする運動で、凝り固まった筋肉を解放させてあげることが大事です。


   楽しいはずの季節なのに、なぜだか自分だけ元気が出ない……そんな風に思っている方も、大丈夫。

春に気持ちが落ち込んだり、ストレスを感じる人は多いものです。この時期が過ぎればまたきっと元気になれる。

そんなのんびりした気持ちで、生活が乱れないようにだけ心がけておきましょう。


きっと楽しい毎日がまた訪れるはずです。