自撮りアイコンにご注意?!大好きな彼もドン引きのイタイSNS

自撮りアイコンにご注意?!大好きな彼もドン引きのイタイSNS

今や当たり前のツールとして使われているSNS。TwiiterやFacebook、Instagramなど、どれか一つはやっている人がほとんどなのではないでしょうか。

そして、フォロワーの中には彼氏や好きな人が含まれている人もいますよね。便利で楽しい反面、いつの間にか人に「ドン引き」されている危険性もあるSNS。

今回は男性がつい引いてしまう女性の投稿をご紹介します。


●加工にキメ顔?自撮りアイコン



SNSで最初に見られるアイコンは、ついつい気合が入りやすいもの。ですがあまりに気合が入った自撮りや、過剰な加工・修正は男性もドン引きなよう。

数人で写っている写真で、自分だけが写りの良いものを選んでいるのも「自分のことしか考えてないんだな」「必死だな」と思われてしまいます。ナチュラルなアイコンを選んだ方が周りからのウケは良さそうです。


●自分の写真ばかりをアップする



アイコンにも繋がることですが、自分の写真、しかも実物よりかなり写りの良いものを毎回アップする女性には「自己愛が強すぎる」「アピールがすごい」と引かれてしまうよう。

また、ポーズや角度がいつも同じ、常に加工されている、「今日のコーデ」などファッションをわざわざ上げる、など芸能人気取りの写真は特にNG。

写真に関しては感覚がマヒしてしまうことも多いので、注意が必要です。


●愚痴投稿、自慢投稿に偏っている



写真以外も、その投稿内容が常に偏っている内容だと男性は引いてしまうようです。

例えば愚痴ばかりの「ネガティブ投稿」。たまに愚痴るくらいなら「どうしたの?」と声をかけたくなりますが、いつものことになると「またかよ」と嫌な気分に。

逆に、充実っぷりを過剰に投稿したり、自分はこんなにすごい人と関わりがあるんだぞ、というような自慢投稿が続いてもゲンナリしてしまいます。

愚痴も自慢も、たまになら不快には思われないはず。バランスに気を付けましょう。


いつの間にか、見ている人の立場に立てなくなるのがSNSの怖いところ。知らないうちに自分のネガティブキャンペーンをしてしまっているかもしれません。

一度客観的に自分の投稿を見直してみて、自分が異性だったらどう思うかを判断してみるといいかもしれませんね。