「心のエクササイズ」マインドフルネスを始めてみよう

「心のエクササイズ」マインドフルネスを始めてみよう

環境の変化もあり、春は何かとストレスのたまりやすい季節。
気持ちが落ち着かない、なんだか落ち込みやすい、自分の方向性が定まらない……

そんな人は、今話題の「マインドフルネス」を取り入れてみてはいかがでしょうか。

一見難しそうですが、実は手軽にできるのがマインドフルネス。その方法をご紹介します。


●「マインドフルネス」とは?



マインドフルネスは、簡単に言えば「瞑想」のこと。

瞑想というと難しいものと考えがちですが、宗教的な要素がないのがマインドフルネスです。

自分自身と向き合い、今の状態を「自然に受け入れる」のが目的。

健康的にもビジネス的にもこの「自己と向き合い、ありのままを受け入れる」という状態はとても良いとされていて、心を整える訓練法として今世界中で注目されています。


●「マインドフルネス」のやり方



マインドフルネスは、どんな場所でもどんな時間でも行うことができます。
立っていても座っていてもOK。呼吸を楽にしてリラックスしましょう。

目を閉じられる状況であれば閉じてもいいですし、うつむいたままでも。

ここからが少し難しいのですが、次々と思い浮かぶ色々なものを最小限に抑え、数を数えながら呼吸だけに集中します。

息を吐くたびにひとつ数を数え、21まで数えたらまた1に戻ります。

もし次々と頭の中に色々な思いが湧いてしまっても、無理に追い出さなくて大丈夫。

心を自然に預け、少しずつ呼吸だけに集中できるようにしていきます。

これでマインドフルネスの初級編は完了。行う時間も決まっていないので、最初は短い時間から始めてみるのがいいでしょう。


●マインドフルネスのメリットは?



最新の研究によると、こうした行動は「脳や心のエクササイズ」になり、心身共に良い影響が起こるのだそうです。

例えば「記憶力と学業成績を向上させる」。
そして「減量や健康的な食生活に役立つ」……ダイエットにも効果的だとか。

さらに「ストレスを減らし、免疫力アップ。脳に好ましい変化をもたらす」とも。まさにいい事尽くしです。


最近ではイギリス国会などでも行われているというこのマインドフルネス。

常に考え事をして疲れている脳を解放し、休ませてあげることはとても大事です。

集中力を高めたい、心を健康に保ちたいなどという目的のある方は、どんな時でも簡単に出来るので、毎日の生活の中に取り入れてみてはいかがでしょうか。