すぐに実践!憧れの美文字 に近づく3つのポイント

すぐに実践!憧れの美文字 に近づく3つのポイント

メールやパソコンが普及し、ペンを持つことが少なくなった現代。

でもだからこそ、何かの際に直筆で書く字が気になったりしませんか?美しい字はその人自身の印象を決める大切なもの。

苦手であるという気持ちがより字に対して消極的な姿勢を作ってしまいます。

今回は「美文字」を書く上でのポイントをいくつかご紹介します。


1)少しの「右上がり」を意識する



文字は真っ直ぐよりも、少し右上がりに書く方が美しい文字に見えると言われています。

文字をシャープに見せ、躍動感が生まれる効果があるそう。

また、左右バラバラに傾いた文字は汚く見えるので、まずは全ての文字を同じ角度に上げられるよう練習してみましょう。

美文字に見える角度は「右上がりに6度」。あまり右に上がりすぎてもダメです。


2)漢字とひらがなの大きさバランスを整える



一つ一つの文字を美しく書くことも大事ですが、実は全体で見た時のバランスがとても重要。

文章を書くとき、漢字とひらがなの大きさのバランスに注目してみましょう。

全ての大きさを同じにしてしまうのは、実は読みにくく汚く見えてしまいます。

ベストなバランスは漢字10に対してひらがなやカタカナは8ほどの大きさ。メリハリが大切です。

また、名前や住所など漢字が続く場合は「画数の多い字は大きく、画数の少ない字は小さく」書くのがポイント。

例えば「鈴木」などの名前は「鈴」を大きめに、「木」を小さめに書くと全体のバランスが美しくなります。


3)縦線だけは真っ直ぐ!を意識



先ほど出てきたとおり、文字は真っ直ぐよりも右上がりの方が美しく見えます。

横線はそれでいいのですが、問題は縦線。縦だけは上から下に、真っ直ぐ書けなければいけません。

縦線がガタガタだと不安定でキタナイ印象になってしまうのです。

お気に入りのペンで、真っ直ぐな縦線を書く練習をしてみましょう。

ポイントは手首を動かさず、ペンに添えた人差し指を縮めていくイメージで指を使って書くこと。

練習を繰り返していけば真っ直ぐな縦線が書けるようになるはずです。


字が汚いから……と書くことを避けているとどんどん嫌になってしまいます。

意識し、練習すれば美文字を書けるようになるはず。3つのポイント、ぜひ試してみてくださいね。