冷凍保存で楽チン!離乳食のフリージングテクニック

冷凍保存で楽チン!離乳食のフリージングテクニック

乳幼児の育児で最も大変なイメージのある「離乳食」。
毎日作るのは面倒、時間がない……と思っているママさんたちもいると思います。

ですが離乳食の最初のうちは量も少なく、冷凍保存などの工夫をすれば時短も可能。
今回は離乳食の「フリージングテクニック」をご紹介します。


●シリコン製の製氷機を活用する



離乳食をスタートすることになったらまず最初に必要なのが「製氷機」。

離乳食初期の頃は食べる量も少ないので、お粥やだし汁、野菜のすりつぶしは一気に作り、製氷機で小分けにして冷凍しておくと良いでしょう。

この時、シリコン製の製氷機だと冷凍したものをひとつずつ取り出すのがとても簡単なのでおススメ。

量が増えてきたら2つ取り出す……など調節しながら使えるのもいいですね。
味の変化がないよう、ラップなどでしっかり蓋をしましょう。


●ジップロックなどに、作った日の日付を書き込む



離乳食は冷凍をすれば長い期間保存ができますが、赤ちゃんに食べさせるものなので賞味期限には気を付けたいもの。

作った日の日付を忘れないよう、ジップロックなどに書いておくのを忘れずに。

先ほどの製氷機で作ったものは蓋代わりのラップに書いておいても良いですね。
食材にもよりますが、基本的に離乳食は1週間で使い切るようにしましょう。


●解凍は電子レンジやお鍋で



冷凍したものを解凍して使う時、常温での解凍でそのまま赤ちゃんにあげるのは避けましょう。

解凍後は必ず加熱。電子レンジでチンしても構いませんし、お鍋でもう一度加熱して解凍してもOK。

また、一度解凍したものを再冷凍するのも避けてください。雑菌が発生する恐れがあります。


1週間分の離乳食を作り置きし冷凍しておけば、食事の時間に温めるだけ。
毎日すりつぶしたりなどの作業をしないで済みます。

食材そのままはもちろん、うどんや納豆、ハンバーグや野菜スープなども冷凍してしまえば、とっても楽チン。
工夫しながら、離乳食期を楽しんでくださいね。