止められない?!バストの加齢

女性なら、誰もが美しいバストでありたいと思っているはず。

年齢を重ねると顔のシワ・しみは気になるところですが、バストも年齢とともに変わっていきます。

今回は、ワコール人間科学研究所発表の「からだのエイジング」(加齢による体型変化)から、バストのエイジングについてご紹介します。

バストの加齢による変化の順序には3つのステップがあり、 加齢とともにステップは一つずつ進むということがわかりました。

そして、その変化は20代から始まっているのです。

●ステップ0
エイジングが始まる前。丸みのある理想的なバスト




●ステップ1
エイジングが始まったサイン。デコルテがそげる




●ステップ2
バストの下部がたわむことにより、乳頭も下向きに




●ステップ3
バストが外に流れる。
また、ステップが進むにつれてバストはだんだん柔らかくなります。








バストは「乳腺」と「脂肪」、そしてそれらを支えるように張り巡らされた「クーパー靭帯」からなります。

加齢によるホルモンバランスの変化でバストが柔らかくなること、バスト自体の重さ・揺れなどの影響を受けて バストを支えるクーパー靭帯に負荷がかかることが要因と考えられます。


●変化の要因1
加齢によるホルモンバランスの変化により、「乳腺」が減り、その分「脂肪」が増え、バスト全体がやわらかくなる。
●変化の要因2
バストの重さや日常生活の揺れにより、「クーパー靭帯」の伸縮力が失われる。
●変化の要因3
皮膚の弾力性・柔軟性が低下し、バストを支える力が弱まる。



ブラジャーの役割は、日常生活で起こるバストの揺れを小さくすること。ただし、バストに合っていないと、その揺れを小さくすることはできません。

自分のからだに本当に合ったブラジャーを見つけるには、プロに採寸してもらうこと、そして必ず試着をして確かめることが大切です。

●参考:ワコール

私のからだもエイジング?!バスト編



----------------------
■記事出典:ワコール人間科学研究所