産後に緩んだ骨盤底筋を鍛える簡単エクササイズ

産後に緩んだ骨盤底筋を鍛える簡単エクササイズ

子宮や卵巣など、女性の大事な臓器を守る「骨盤底筋」。

妊娠や出産をすることで緩みやすくなり、そのために尿漏れなど様々なトラブルを引き起こすことがあります。

今回は「骨盤底筋」を簡単なエクササイズで鍛える方法をご紹介します。


●骨盤底筋はなぜ緩む?



現代人は骨盤底筋が緩みやすくなっていると言われています。

昔は和式のトイレや畳の生活により知らない間に骨盤底に力を入れる生活をしていましたが、今は椅子中心の生活になり、骨盤底筋を使うことが少なくなっているそう。

その中で妊娠・出産をすると、筋肉に負担がかかり伸びてしまうのでより緩みやすくなってしまうのです。


●骨盤底が緩むとどんな症状が出る?



最も気を付けなければいけないのが「尿漏れ」。

出産後、尿漏れが治らないという女性がいますが、これは骨盤底筋の緩みによるものです。

また骨盤自体の歪みにも影響するので、その後の血行不良による生理痛や腰痛、下半身太りなどの不調に繋がってしまいます。


●骨盤底筋を鍛える簡単エクササイズ「ケーゲル体操」



最も簡単で効果のある骨盤底筋を鍛えるエクササイズは「ケーゲル体操」と呼ばれるものです。

1) 仰向けになり、足を肩幅に開いて膝を立てます
2)肛門と尿道を締めて、体の中に引き上げるように力を入れた状態で5秒間キープします。
3)これを1セットとして3~10セット繰り返します。
また、締めると同時に腰を上にグッとあげる運動を加えるのもおススメ。

激しい運動ではないので、産後しばらくしてからすぐに始められます。

また、寝ている時だけじゃなく立っている時でも膣を引き締める体操は効果的です。


簡単だからこそ、毎日継続することが大切。

妊娠・出産で緩んでしまった骨盤底筋、簡単エクササイズで鍛え直して不調とサヨナラしましょう!