今更聞けない…ジェルネイルって何?セルフでのオフや注意点について

今更聞けない…ジェルネイルって何?セルフでのオフや注意点について

ネイルをするのが好きな女子にとっては常識となりつつある「ジェルネイル」。

ネイルサロンで施してもらうのはもちろん、最近では「セルフジェルネイル」を楽しむ女性もちらほら。

とっても可愛くて持ちもいいジェルネイルですが、気を付けなければ爪にダメージを与えることも。


●ジェルネイルとは?



ジェルネイルとは、「ジェル」と呼ばれる液体を爪に塗り、UVライトやLEDライトを当てて固めることで作るネイルのこと。

マニキュアは10日ももたず剥げてきてしまうのが普通ですが、ジェルネイルは正しく施術してあればひと月近く持つこともあります。

また、見た目もツヤツヤでその美しさが長く保たれることも特徴です。

爪の上に厚く乗せるので、爪が弱くすぐ折れてしまう人などが割れにくくなるというメリットも。


●オフは丁寧に!



良いことだらけのジェルネイルですが、注意点もあります。

それは、ネイルのオフに関して。

マニキュアは除光液で簡単に落とせますが、ジェルネイルは除光液では落ちません。

専用のリムーバーを使ってオフをするのですが、擦っただけではダメ。

一つ一つの爪をリムーバーで浸したコットンに包み、その上からアルミホイルをかけて待つという少し手間のかかる方法になります。

多くの場合は次のネイルを施術してもらう時にお店でネイリストさんがオフをしてくれますが、最近では自分でオフをする人もいるようです。

セルフでオフをする場合、間違っても無理に剥がしたり、ガリガリと削ったりなどはしないように。

爪が一緒に剥がれて薄くなってしまい、ダメージを与えることになります。


●ジェルネイルをしたらケアはこまめに



稀に、自分で適当にリペアをしながら長い期間付けたままで放置してしまう人もいますが、これも要注意。

浮いたジェルの隙間から水分が入り込むことで緑膿菌が繁殖し、爪が緑色になる「グリーンネイル」という症状になってしまうことがあります。

浮いたり剥がれたりしたときはネイルサロンで正しくリペアしてもらうのがおススメ。

基本的に同じネイルはひと月が限界と考え、ケアをこまめに行いましょう。


正しくケアすれば、ジェルネイルは持ちも良くデザイン性の高いネイルを楽しむことができます。

足元の露出もあるこれからの季節、素敵なジェルネイルで美しい爪先を演出してみてくださいね。