「結婚できないアラサー」が婚活でやってしまいがちなNG行動

「結婚できないアラサー」が婚活でやってしまいがちなNG行動

結婚したい、そう思って努力をしているのに、婚活をすればするほど結婚が遠のいて行く……そう思っているアラサー女子、多いのではないでしょうか。

もしかしたら結婚を目標に置くあまりに、男性にとっての「NG行動」をしてしまっているのかもしれませんよ。


●男性の優位に立とうとしてしまう



もうアラサー、されどアラサー。

まだまだ若い感覚を持っている世代のため「自分が男性を選ぶ立場」だと思ってしまう女性もちらほら。

それを心の中だけに留められれば良いのですが、態度に出してしまってはNG。

自分の容姿や仕事、家柄など相手の優位に立てる事項があっても過度にアピールするのはやめましょう。

出会いの際は、まずは謙虚に。相手に合わせたトークが出来る人を男性は探しています。


●出会った相手を「結婚」という枠内だけで見てしまう



婚活なので仕方ないといえば仕方ないのですが、出会った男性全てを「結婚相手」として見てしまうと「条件」に縛られそれが態度にも出てしまいます。

焦る気持ちは一度捨て、目の前の人と友達になる感覚で出会ってみましょう。

「とにかく結婚したい」という気持ちが先走りすると、男性はそれだけで引いてしまうことも。

ナチュラルに会話を楽しもうとする女性が魅力的に映るはずです。


●あら探しばかりしてしまう



探しているのは結婚相手。

一生添い遂げるパートナーなのだから、妥協はできない!という気合いはいいのですが、それによって出会う相手のあら探しばかりしていませんか?

「ここが私とは合わない」「こういう部分が生理的にイヤ」……もちろん嫌な相手とは結婚できません。

でも、ハードルを高くし過ぎてはお眼鏡にかなう人など現れないのも事実。

まずは合わない部分に目をつむり、数度デートをしてみるのも良いのでは。

相手の意外な一面が見えてくるかもしれません。


冷静になっている部分とまだ恋をしたいと願う部分、両方共存するのがアラサーというお年頃。

出来ればどちらにも流されず、まずは話していて楽しい魅力的な自分を心がけることが大切。

遠回りであるように見えて、それが一番の近道かもしれませんよ。