目指せ腸美人!(1)

「お腹が張っている」「なんとなくスッキリしない」と、不快感をともなう『便秘』。

一般的に、3日以上の排便がなかったり、排便してもスッキリ出し切っていない状態を『便秘』と言います。「便秘が続いて肌が荒れてきた」なんて経験がある人も多いのでは?

そんな、世の女性を悩ませる『便秘』。改善するには、腸内環境を整えることが一番のカギ!今回は「腸内環境と肌荒れ」についてご紹介します。


●毒素がゾクゾク!便秘が怖いワケ

腸は食べたものを 吸収し、カラダに必要な栄養を取り入れる大事な臓器。いらないものは体の外に出して、カラダや肌の健康を保ちます。逆に言うと、正常に排便ができていないと、不要なものが体の中に残ったまま。

そう、これが便秘の状態です。便秘の腸内では「悪玉菌」がイッパイになり、毒素が次々に増加。便として出されるべき毒素が、血液によってカラダ中に広がってしてしまうという恐ろしい事態に。


●肌トラブルの原因、実は…?

便秘が続くと、ニキビ、くすみ、たるみなど肌トラブルが慢性的になってしまうことも。これは、便秘が原因でたまった毒素が肌の血行や、新陳代謝を悪くして、肌トラブルになっている状態。

基礎化粧品でしっかりケアしているのに、なかなか肌荒れが改善しない。そんなときは、もしかして『便秘』が原因かも。思い当たる人は、スッキリ排便を心がけ、腸内環境をキレイにしましょう。


●腸内環境をキレイにする「善玉菌」とは?

便秘知らず、肌荒れ知らずの「腸美人」さんと、そうじゃない人が決定的に違うのは「善玉菌」の数。腸内の細菌は100兆個以上と言われています。

肌荒れの原因「悪玉菌」と戦ってくれるのが、この「善玉菌」なんです。善玉菌を増やす食べ物は、ヨーグルト・チーズ・納豆・キムチなどの「発酵食品」、「オリゴ糖を含む食べ物」、「食物繊維を含む食べ物」などが挙げられます。

腸内の善玉菌は毒素などの排出を助けたり、免疫力をアップさせたりと、乱れた腸内のお掃除に大活躍!他にも感染を防いだり、消化吸収を助けたりと、まさに腸内の強い味方なんです。

善玉菌を増やすことが、すなわちスッキリ排便できる近道。腸内環境がキレイになる近道なんです。

今回は「腸内改善と肌荒れ」、そして善玉菌についてご紹介しました。善玉菌を増やして、腸内環境をキレイに。便を溜めない、毒素を溜めない、腸美人さんを目指しませんか?

腸内環境をキレイにする方法は、また次の回でさらに詳しく触れていきますのでお楽しみに!


by 川本弥生