イタタタ……アラサー女子がそろそろやめたい若作りファッション

イタタタ……アラサー女子がそろそろやめたい若作りファッション

いつだって自分の好きなファッションに身を包んでいたい。

そう思うのが女性です。でも、年齢を考えずに着たその服、周りの人にとっては「イタタタ……」というものだったりするかも。

今回はアラサー女性がそろそろ避けたほうが良い「若作りファッション」についてご紹介します。


●ミニスカート



大人の女性ならではの露出ファッションももちろんありますが、ミニスカートはNGという声は多いよう。

「さすがに痛い」「美脚な人が出しがちだけど、まだまだ勝負しています!って感じが余計にキツい」などの意見も。

美脚はスリムパンツやせめてレギンスを履くなどのパターンで披露した方が良さそうです。


●レースやリボンが過剰な服



女の子が大好きなレースやリボン。

上品に使う分にはOKですが、全身フリフリなどのファッションはウケが悪いようです。

例えばリボン+ピンク、レース+白、などの色との組み合わせはイタくなってしまう可能性大。

レースを使うなら黒やネイビーにするなど、大人ならではの色味を合わせるといいかもしれません。


●キャラクターグッズを持ちすぎる



どんなに大好きなキャラクターがあっても、鞄の中から次から次へとそのキャラクターグッズが出てきたら……「年甲斐ないな」と思われてしまうかもしれません。

どうしても好きなのであれば一つか二つ。

そのキャラクターで揃える、服装などにも取りいれるなどは危険です。


●過剰なデカ目メイク



黒目が大きく見えるコンタクト、目の大きさが変わるほどのアイラインやアイプチ、つけまつげ……20代の延長で同じメイクをしていませんか?

過剰なデカ目メイクは「若作り」と思われるかもしれません。

アラサーにはアラサーの魅力を引き出すメイク方法があるはず。

年齢など関係なく自分の好きなものを身につけたい、という人もいるかもしれません。


ポリシーを持っている人は実はその取り入れ方も上手。「イタい」と「イタくない」の線引きは実はとても微妙なもの。

自分に本当に似合っているのか、それを考えることも大事かもしれませんね。