男子が気軽に「好きだ」と言わない本当の理由は?

男子が気軽に「好きだ」と言わない本当の理由は?

自分が相手のことを想っていればいるほど、確かめたくなる愛情。

でも彼がなかなか「好きだ」と言ってくれない、うながしても誤魔化される……なんてこと、ありますよね。

あまりに好きだと言ってくれないので、もしかしてもう冷めた?と心配になることも。

なぜ男性は「好きだ」という言葉を言わないのでしょうか。


●「恥ずかしい」



とてもシンプルかつ想像通りかもしれませんが、一番に考えられる理由がコレ。

「好きだよ」などの言葉はドラマや少女漫画のセリフのようで恥ずかしい、出来れば言いたくないと思う人の方が日本人男性には多いようです。

こうしたタイプに「好きだ」と言わせることを強要するのはなかなか酷。

言葉ではなく彼の行動やしぐさから愛情を感じるようにした方がいいかもしれません。


●「安心しきっている」



もしかしたら彼は、女性が「好きだ」と言われたがっていることに気づいていないかも。

それくらい、安心して付き合っているのかもしれません。

良く言えばリラックスしている、悪く言えば油断しているのかも。

わざわざ好きだと言わなくても、彼女は自分の方を向いてくれている。

そんな風に思っているのだとすれば、あなたの愛情を過信しすぎかも。

ちょっと冷たくして、彼の興味を引くのも駆け引きのひとつです。


●「本当に好きじゃない」



信じたくないパターンですが、最初は好きだと言ってくれていたのに段々と言わなくなったのであれば「実際好きじゃなくなった」ということも考えられます。

その場合、それ以外の言動を考えてみることが必要。

誘っても乗ってこない、返事があいまい、連絡があまりない、などの行動が伴ってきたら危険なサインです。

また、こちらが「好きだよ」と言った時のリアクションを見ても愛情の度合がわかるかも。


「好きだ」と面と向かって言うというのは女性が考えるよりもずっとハードルが高いもの。

あまり無理強いすると、それをきっかけに冷めてしまう……なんてことも。

彼の行動や様子を見て、こちらに愛情があるのかどうかをはかる方が簡単かもしれませんね。