内側から日焼けをケア!シミ・シワを作らせないためには?

内側から日焼けをケア!シミ・シワを作らせないためには?

どんなに日焼け止めを塗っても、夏の強い紫外線で多少なりとも焼けてしまった肌。

そのまま何もせずケアを怠ると、シミやシワの原因となってしまいます。

日焼けはアフターケアによってかなり違うもの。今回は特に「内側から行う日焼けのケア」についてご紹介します。


●食べる日焼け止め「リコピン」



まず最初におススメするのは「食べる日焼け止め」とも言われているリコピン。

トマトに多く含まれていると言われているリコピンは、抗酸化作用が強く、体内の「活性酸素」を除去するという働きを持っています。

日焼けをすると有害な物から皮膚を守る為に活性酸素を発生させ、肌にダメージを与えてしまうのですが、リコピンが活性酸素を抑制することにより、肌の老化を防いでくれるのです。

さらにシミや日焼けの原因となる「メラニン色素」の生成を抑える働きもあります。


●美肌の基本「ビタミンC」



肌に良い成分の代表格であるビタミンC。

もちろん日焼けしてしまった肌にも重要な成分です。

ビタミンCにもリコピンと同じく活性酵素を阻害する働きがあり、メラニン色素の発生も抑制します。

すでに肌に蓄積されているメラニン色素を無色化する効果もあるので、ビタミンCを摂ることは「日焼け予防」「日焼け後のアフターケア」どちらにも効果的ということ。

やはり美肌を目指すなら常に摂取したい成分といえるでしょう。

レモンやキウイ、いちごなどのフルーツに多く含まれています。


●チョコレートにも?「ポリフェノール」



意外などが「チョコレートには日焼けケア効果がある」というこの。

これはチョコレートに含まれる「カカオポリフェノール」という成分による効果です。

カカオポリフェノールとは、カカオ豆に含まれるフラボノイドの総称。

このフラボノイドは「エピカテキン」と呼ばれるものが大部分で、これには紫外線による活性酸素を除去する抗酸化作用があります。

また、チョコレートだけではなくコーヒーや緑茶などに含まれるポリフェノールにも、日焼けケア効果があるそうですよ。


日焼けしてしまったら、化粧水などの外側からのケアはもちろん食べ物に気を付けることもとても重要。

これからの季節もまだまだ紫外線は降り注ぐので、意識して美肌成分を摂りいれたいですね。