おススメ表情筋トレーニング3選、これで顔のたるみも怖くない!

おススメ表情筋トレーニング3選、これで顔のたるみも怖くない!

鏡を見ると気になるのが「顔のたるみ」。老け顔の原因となってしまうたるみは、エクササイズをすることで予防・改善が期待できます。

表情筋を鍛えればたるみだけでなく血行が良くなり、クマやくすみなどがなくなることも。

今回は効果的な表情筋トレーニングを3つご紹介します。



●ほうれい線に「ベロ回し体操」



顔のたるみで最も気になるのが「ほうれい線」。

その予防として最も効果的と言われるのが「ベロ回し」です。

口の中でベロをぐるりと回すだけの簡単なエクササイズですが、口周りの筋肉が鍛えられ血行も促進されます。

口を閉じた状態でベロを歯に沿ってゆっくりと回し、10回。

その後逆回りで10回。これを1日3セット行いましょう。

ベロ回しはほうれい線だけでなく、二重あごや顔の歪みを修正する効果なども。

女性には欠かせないトレーニングです。


●クマや目の下のたるみに「眼輪筋体操」



最も皮膚が薄い場所にもかかわらず、酷使する機会の多い目の下は皮膚がたるみやすいエリア。

たるみを解消したければ、目の周りを囲んでいる「眼輪筋」を鍛えるのが効果的です。

まず、目を軽く閉じます。次にゆっくりと目をギューっと閉じ、そのまま5秒間キープ。

そして少しずつ目の力を抜いていきます。さらに眉を上げて目をパッと開いたら、再び5秒間キープ。

ゆっくりと自然な状態に戻しましょう。この体操を朝晩、5回ずつ行ってください。たるみ解消だけでなく、目の疲れを取るのにも良いですよ。


●小顔効果に「ポリバケツ体操」



小顔に効果的なのが「ポリバケツ」体操。大きく口を開けながら、「ポ」・「リ」・「バ」・「ケ」・「ツ」と、一文字ずつゆっくり発声します。

全ての母音を大きく顔の筋肉を動かしながら発音することによって表情筋が動き、頬のたるみを解消。

「ポリバケツ体操」は1日10回くらいが適切です。


表情筋は身体の筋肉の中でも鍛えられやすく効果にも即効性があると言われています。

毎日この3つを欠かさず行っていれば、表情も豊かになり肌にハリが出てくるはず。地道な努力を続けて若々しい肌を手に入れましょう!