これってどうなの?気になるおりものの異常について

これってどうなの?気になるおりものの異常について

女性にとって気になる生理現象の一つに「おりもの」があります。

体調やホルモンのバランスの変化で様子が変わる事も多く、「こんなおりものが出たけど異常なのかしら」と悩む女性は多いもの。

今回は「こんなおりものが出たら要注意」というものを紹介します。



●色が赤や茶、緑である

正常なおりものはだいたい透明か半透明、時によってクリーム色。

これが肉眼で見てすぐ分かるくらいに色が着いていたら、何か体調に変化が起きていることを疑いましょう。

例えば赤や茶はおりものに血液が混ざっている証拠。

不正出血の疑いがありますので、続く場合は婦人科を受診しましょう。

ただ、赤や茶のおりものは生理前や生理後、排卵期に出ることもあります。

自分の生理周期と照らし合わせ、異常だと感じたら受診してください。

緑色がかった鼻水のようなおりものは膣内感染症の恐れがあります。

また、黄色でチーズのようなポソポソとした状態であればカンジダ膣炎の可能性も。


●臭いがいつもより強い

おりものの異常を知るためには、色と共に臭いをチェックすることも大事。

正常な状態のおりものは無臭、もしくは少し酸っぱいような臭いがする程度です。

もし、この臭いがいつもよりかなり強くなってしまったら、膣内の雑菌が増えている証拠かもしれません。

生臭い、魚の腐ったような臭いがするなどの場合は要注意。

膣剤で治療すれば改善することもできますので、臭いが気になる場合も早めに婦人科を受診しましょう。


●量が多すぎる

おりものは一カ月の周期の中で、ホルモンバランスにより増えたり減ったりします。

特に排卵期にはいつもよりおりものが増えるので、この時期に多くなることはそれほど気にする必要はありません。

ですが時期に関わらず、下着を替えなければならないほどおりものが多い、おりものシートで間に合わないくらいの量である場合は少し心配です。

水っぽいおりものが大量に出る時はクラミジア頚管炎の可能性も。

量が多い状態が続いた場合も、一度病院へ相談してみるといいかもしれません。


おりものは女性の健康のバロメーターでもあります。

濃い色の下着などでは気づかない場合も多いので、おりものシートなどをつけて色や量をチェックしてみるのもいいかも。

多くの場合は心配ありませんが、「普段と違う」と思ったら、婦人科へ行って状態を診てもらいましょう。