賢い衣替えで家事を楽に!整理&収納テクニック

賢い衣替えで家事を楽に!整理&収納テクニック

季節はすっかり秋。

そろそろ本格的に半袖ともお別れして、衣替えをしなければいけない季節ですね。

毎年増えていく服を目の前に、「もうどうやってしまったらいいか分からない!」という方も多いのでは。

今回は衣替えが上手に出来る、ちょっとしたコツをご紹介しましょう。



●3秒ルールでいらない服を断捨離!

この服、来年も着るかな。今年は着なかったけど、痩せたら着るかも……

そんな風に思っているとどの服もみんな名残惜しく感じてしまい、結局は捨てられないことに。

こんな時は「3秒ルール」を発動させ、断捨離しましょう。

やり方は簡単、3秒で「いる、いらない」を決めるのです。直観に頼り、着ない服で衣装箱をいっぱいにすることのないようにしましょう。


●収納グッズの選び方

衣替えが楽になるコツは、衣装ケースやボックスの選び方がポイントです。

まずはしまう場所のサイズをきちんと計り、そこに合った収納ケースを使うこと。

そして、収納するものと、収納するケースが合っているのかも大事。形を崩したくないものなのか、埃をかぶせたくないものなのかどうか。

ただ大きな衣装ケースに全てを入れるのではなく、しまうものによって大きさや収納方法は変えた方がいいでしょう。


●収納時は、ラベルを貼って見やすく

いざ収納になったら、良く着た服とあまり着なかった服で種類分けし、しまった収納箱にラベルを貼って整頓しておくといいでしょう。

来年「良く着た服」を先に出し、もしあまり着なかった服を出すことがなければ、それは次のタイミングで断舎離すべきもの。

他にも洋服の用途や種類を書いて貼っておくなど、次の衣替えが簡単に分かりやすくなるためにもラベル貼りは必要です。


こうした収納は、最初は確かに面倒かもしれません。

ですが一度やってしまえば収納スペースもスッキリし、次のシーズンの時には「衣替え嫌だなぁ」と思わずにすみます。

しまう場所に余裕があれば、買い物も楽しめること間違いナシ!安心して新しい服をお迎えできますね。