男女の友情はアリ?男友達を大事にする彼女に対する彼氏のホンネ

男女の友情はアリ?男友達を大事にする彼女に対する彼氏のホンネ

友人は人生の宝。時には性別を超え、お互いが大切な存在になることもあります。

ですが時には男女の友情が恋人とのトラブルを引き起こすことも。

彼女の大事な「男友達」に対し、彼はどんな風に思っているのでしょうか?


●多くの場合、「男女の友情」を強く信じているのは女性側

「仲は良いけれど、私たちはあくまで友達。彼に怪しまれることなど何もない」というのが大体の女性側の主張。

「男友達にヤキモチを焼くなんて心が狭い!」そう考える人も多いのでは。でも、男性の気持ちが一番分かるのは男性。

表には出さないものの、仲の良い女友達を「女性として見ている」という男性は少なくありません。

「女性としての魅力が皆無な人とは、友人にすらなれない」というのが男性側の意見。

もし、何かのきっかけで間違いが起こってしまったら?そう思うとあまりいい顔ができないのも理解できます。


●大人数で会う分にはアリ!でも2人きりは……

会社の同期や大学時代の友達。みんなで食事をする仲間というくらいであれば、多くの男性は問題ないはず。

ですがもし2人きりでしょっちゅう飲みに行くような男友達だとしたら、彼の顔色が変わるはず。

例え女性側が「ないない!そういうんじゃないから」と思っていても、男性側は「理性で抑えている状態」かもしれません。

また、彼には相談できないことも話しているとしたら、身体の関係がないとしても良い気持ちはしないでしょう。


●もしも男女の友情を続けたいなら

こうした彼氏の気持ちをふまえても、男友達をバッサリときるわけにはいかない、という方もいますよね。

そんな場合は、「相手と自分がなんでもないこと」を常日頃アピールする努力をしましょう。

例えば彼と3人で会って紹介をする、その時に男友達の前で思い切りのろける、男友達に彼女がいるならグループで仲良くする、など。

「自分にも相手にも恋愛感情はない」と言い続ければ、彼もそのうち安心し理解してくれるはず。


男女の友情を成り立たせるには、思いやりと理性が必要。

彼がどんな気持ちでいるのかをまず理解し、自分の意見だけを押し付けないよう気をつけましょう。