感染症にも……妊娠中に食べてはいけない意外な食材

感染症にも……妊娠中に食べてはいけない意外な食材

お腹の中に赤ちゃんがいるとき、お母さんはたくさんの栄養を摂らなければいけません。

ですが中には、「食べてはいけない食材」が紛れていることも。

妊娠中は免疫力が落ちているので、いつもはかからない感染症にかかってしまうこともあるのです。


●生の製品に注意

良く知られていることですが、生ハムや生の海鮮、十分に加熱されていない製品は食中毒や感染症にかかる可能性があります。

例えばナチュラルチーズなどの乳製品、生ハム、スモークサーモンなどは「リステリア食中毒」になることが。

リステリア食中毒は感染すると流産や早産を引き起こす恐ろしい感染症です。

また、生肉やユッケなどの加熱が不十分な肉類ではトキソプラズマに感染する可能性も。

こちらもお腹の赤ちゃんに影響を及ぼすことが多く、注意したい感染症です。


●スパイス系に注意

意外と知られていないのが「スパイス系」。ターメリック(ウコン)、シナモン、ナツメグなどの香辛料は子宮収縮を促す恐れがあるので注意しましょう。

また、香辛料を使うものは塩分が多い食品が多いため、食べ過ぎると妊娠高血圧症候群を起こす原因にも。

ただ、香辛料は冷え性の改善などプラスの効果もあります。

あくまで「摂りすぎは注意」ということなので、適量を心がけて食べるようにしましょう。


●ビタミンAを含む動物性の食材に注意

ビタミンAは、脂溶性のビタミンの一種。

うなぎやレバーなどの動物性食品に含まれる「レチノール」と、にんじんやほうれん草などの植物性食品に含まれる「βカロテン」の2種類があり、摂取に気をつけたいのは「レチノール」の方。

風邪予防などにもなり必要な栄養素なのですが、妊娠初期に過剰に摂取すると奇形児になる確率が上がると言われています。

食事だけであれば気にすることはないですが、ビタミンAを含むサプリメントなどには注意しましょう。


こうした知識を頭に置いておけば、マタニティライフも安心です。

色々と制限がありますが、たった10ヶ月のこと。

元気な赤ちゃんと会うまでの辛抱ですので、頑張って乗り越えましょう!