生理中、したほうがいい運動としてはいけない運動

生理中、したほうがいい運動としてはいけない運動

何かと不調が続いてしまう生理期間の女性。

こんな時だからこそ身体を動かしたい、と思う人もいるのでは。

また、ジムに通っている人は生理中の適切な運動に悩む人も。

生理の間は、どんな運動が適しているのでしょうか。


●生理中の運動はここに注意

基本的に生理中であっても、運動をすることには問題はありません。

ですがいつもよりホルモンバランスが崩れやすく、貧血や低血圧にもなりやすいため激しい運動は控えるようにしましょう。

貧血気味の時にマラソンなどの酸素を大量に必要とする運動をすると心臓に負担がかかることも。

あまりに激しい筋トレも、立ちくらみなどを起こしてしまいがちなので避けた方が良さそうです。


●生理中、おすすめの運動

生理中に軽く身体を動かすことは血流を良くし、生理痛の軽減にもつながります。

例えばヨガ。

ヨガには骨盤の位置を矯正するポーズや婦人科系に良いポーズなどもあります。

こうしたポーズを取りいれつつ身体を動かせば、体調不良の改善になるかも。

ただしホットヨガは大量の汗をかくため負担が大きく、脱水になる可能性も。

生理中は通常の室温でヨガを行うのがベストです。


●生理中におススメのポーズ

生理中におススメのポーズ。それは合蹠前屈(がっせきぜんくつ)。まず両足の裏をくっつけて、ひざを開いて座ります。

両手で足首を持ち、ゆっくりと自分の股関節方向に引き寄せます。

そのままゆっくりと上体を倒していきます。

息をゆっくりと吐きながら10秒~20秒キープしましょう。

下半身の血流を促し、骨盤と股関節をゆるめてくれます。

.また、寝たままの状態でお尻をもちあげキープするヒップリフトもおススメです。


生理中の運動はOKですが、まずは自分の今の体調をじっくりと観察してから。

今月はいつもよりしんどいな……

という時は、無理にジムなどに行って身体を動かすのは避け、家でのストレッチや簡単なポーズを行うだけにしておきましょう。