マタニティマーク、付ける派?付けない派?それぞれの意見

マタニティマーク、付ける派?付けない派?それぞれの意見

妊娠をしたら付ける人も多い「マタニティマーク」。

電車の中で席を譲ってもらえたり、街の中で何かと手助けしてもらえることも多く便利なアイテムです。

でも最近では「マタニティマークを付けない」という妊婦さんも多いそう。

一体なぜなのでしょうか。


●「付ける派」の意見

マタニティマークをカバンなどに付ける人の意見はなんといっても「妊娠初期でも気づいてもらえる」というもの。

妊娠中はお腹が目立たない初期の方がつわりが重いことも多く、電車で立ちっぱなしはつらいもの。

周囲の人々に気付いてもらえるようマタニティマークを付けておけば、サポートしてもらえる機会が増えます。

お年寄りから「元気な赤ちゃんを産んでね」と優しく声をかけてもらった、なんていうほっこりエピソードも。


●「付けない派」の意見

最近急増しているという「マタニティマークを付けない」という妊婦さん。

その理由は悲しいことに「アピールしていると思われて、逆に危険な目に合うかもしれない」というもの。

「マークなんてわざわざ付けて、席を譲って欲しいなら自分で言えば?」

「ホントに妊娠しているのか?」

という心無い言葉を言われた妊婦さんもいるようです。

こうした噂を聞き、「付けている方がデメリットが大きいのでは」と感じる女性も増えてきたよう。

また、不妊治療をしている女性への配慮、という理由もあるようです。


●マタニティマークを付ける意味

マタニティマークを付けるのは「アピール」のためではありません。

例えば貧血や疲れで倒れてしまった場合、マタニティマークを付けていれば妊婦さんだということが一発で分かり、お医者さんに運ばれた時も迅速に対応することができます。

決して「親切にしてください」と押しつけるためのものではないので、世の中の人たちにも分かって欲しいものです。


付ける・付けない、は妊婦さん次第。

ですが、街で見かけた時にはやはり親切にしたいもの。

出来れば妊婦さんが安心してマタニティマークを付けられるような社会を目指したいですね。