冷えは大敵!妊娠中の防寒対策 ~服選び編~

冷えは大敵!妊娠中の防寒対策 ~服選び編~

女性は身体を冷やしてはいけない、というのはもはや常識。

特に妊娠中はお腹の赤ちゃんを守るためにも暖かくしなければなりません。

赤ちゃんの部屋である子宮が冷えてしまうと血流が悪くなり、切迫早産の原因にも。

寒い日が続くこの季節、防寒対策はどのようにすれば良いのでしょうか。

まずは「服選び編」です。


●アウターは大き目のコートやポンチョで

妊娠中に避けたいのは冷えももちろんですが「締め付け」も良くありません。

血流を良くするためになるべくサイズに余裕がある、ゆったりめのアウターを選びましょう。

大きめにつくられたマタニティ用のウールコートなどは、出産後赤ちゃん抱っこした上からも着られるなど産後も活躍します。

ポンチョも、上からさっと羽織るだけなので簡単で重宝しますね。


●マタニティタイツを活用

妊婦になるとよく着るようになるのがワンピース。

お腹の締め付けもないので後期には特に必要ですよね。

そんな時に活躍するのがマタニティ用タイツ。

お腹のあたりがゆったり作られていて、全体を包み込んでくれるので赤ちゃんも冷えずにすみます。

マタニティ用のレギンスもあり、それに靴下を合わせてもOK。

真冬には裏起毛のものなどをチョイスするといいかもしれません。


●ストールで首回りを暖かく

首が冷えると全身が冷えてしまいます。

マフラーもいいですが、大きめのストールを首に巻いて出かければ、首以外が寒くなった時にも毛布代わりに巻いて使えるので便利です。

肩からかけてもよいですし、お腹周りが冷えたなと思ったら腰に巻いても。

おしゃれアイテムにもなるので、1枚は持っておくとよいでしょう。


暖かい素材は、ウール、フリース、キルティングなど。

足元はヒールなどはやめて、保温性のあるブーツなどを選びましょう。

今はマタニティでもかわいい服がたくさんありますので、冷えに注意しながら妊娠中でもおしゃれを楽しんでくださいね。