ベビ待ちさんに……妊活に効く温活~お風呂・睡眠・漢方編~

ベビ待ちさんに……妊活に効く温活~お風呂・睡眠・漢方編~

妊活中は「冷え」が大敵、というのは誰もが知るところ。

ベビ待ちさんたちは身体を温めるために色々な「温活」をすると思います。

身体を温める方法は、外から、内からとたくさん。

今回は「お風呂・睡眠・漢方編」をご紹介します。


●正しいお風呂の入り方は?

身体が温まる入浴法というと半身浴を思い浮かべますが、実はこれは温活的には逆効果という話もあります。

とくに寒い季節には風邪をひかないためにも全身浴が良いでしょう。

温度は高すぎず、37℃以上40℃以下がベスト。

40℃を超えると交感神経が優位になり、血管が収縮して熱の浸透が悪くなってしまうそうです。

身体を冷やさないように、就寝の30分前に入るのが理想。


●寝ている間に身体を冷やさないために

就寝時に靴下を履いて寝るという方も多いのではないでしょうか。

近年は「靴下を履いて寝ると足の裏での体温調節がしにくくなる」という説もあり「靴下を履かないで寝る方がいい」という説が有力。

どうしても履きたい人は、きついものではなく緩めの靴下にする、通気性の良いシルクのような素材のものにする、など試してみましょう。

また、寝ている時に冷えやすい首元を温めるのも〇。

ネックウォーマーや専用の温熱シートなどを活用しましょう。


●身体を温める漢方

女性の身体を温めるのに漢方は効果的だと言われています。

「当帰芍薬散」や「半夏厚朴湯」などが有名ですが冷えている原因は人それぞれ。

肩こりや頭痛がひどい「瘀血(おけつ)タイプ」、疲れやすく胃腸が弱い「虚弱タイプ」、エネルギー不足の「気虚タイプ」、のぼせなどがある「気逆タイプ」など色々な原因が考えられますので、一度専門の漢方医に症状を話して適切な処方をしてもらいましょう。


普段の生活で簡単にできる「温活」はたくさんあります。

自分に合った方法や「これならできる」というものを見つけて、1つずつチャレンジしてみてくださいね。