妊婦さん必見!帝王切開手術の流れ

妊婦さん必見!帝王切開手術の流れ

双子や逆子、前置胎盤、お産がなかなか進まないなど、様々な理由で出産方法が帝王切開になる場合があります。

現代では5人に1人の妊婦さんが帝王切開を経験しているというデータも。

どんな手術なのかその流れを知り、心や術後ケアの準備をしておきましょう。


●緊急か予定かで流れは変わる

帝王切開は、事前に「この日に手術をする」と決めて行う「予定帝王切開」と、その場で自然分娩から切り替わる「緊急帝王切開」があります。

予定帝王切開の場合、予定日の2週間前くらいに手術前検査が行われ手術前日に入院するのが一般的。

ほとんどの場合局所麻酔で、下半身だけの麻酔のため赤ちゃんを取り出した後の産声も聴くことができます。

緊急の場合は事前の検査は省かれ、すぐに手術へと移ることもあります。


●手術の方法

麻酔が効いたらお腹にメスを入れます。

方法は2種類で、縦に切る方法と横に切る方法。

縦切開のメリットは、赤ちゃんの娩出までの時間が短いので安全なこと。

デメリットは傷跡が目立ちやすいことです。

横切開は予定帝王切開で一般的で、時間はかかりますが傷跡は目立ちにくく術後の痛みも少ないと言われています。

お腹を切開してから5~10分ほどで赤ちゃんが子宮からとり出され、その後縫合が終わるまでおよそ1時間ほどとなります。


●術後の痛みとケア

手術ですのでやはり術後の痛みはある程度避けられません。

ですが多くの場合、手術の翌日には尿管カテーテルを抜き、歩いたりシャワーを浴びたりすることが可能になります。

逆にあまり動かずにいると血栓ができやすいので、早めに動くことを勧められることもあります。

歩くのがつらい時は、ベッドの上で脚を動かしたり指を動かしたりというケアを積極的に行うと良いでしょう。


術後の回復に時間がかかると言われている帝王切開ですが、焦ると気分も落ち込み、精神的に追い詰められてしまいます。

まずはじっくり自分の身体を回復させてから赤ちゃんと向きあえば大丈夫。

前向きな気持ちでいるために、経験者の話を聞いたり同じ帝王切開予定のお母さんと話してみるのもいいかもしれません。