美味しく妊活!ベビ待ちさんにおススメの春野菜は?

美味しく妊活!ベビ待ちさんにおススメの春野菜は?

身体を温めることや運動など色々な妊活がありますが、食事も大切な妊活のひとつ。

バランスよく栄養を摂ることはとても大切ですが、やはり健康のためには「旬のもの」を取りいれることも必要。

今回はベビ待ちさんにおススメの春野菜レシピをご紹介します。


●新玉ねぎの甘酢漬け

新玉ねぎは辛みが少なく、生で食べても胸やけなどが少なく食べやすい食材。

生食で食べることで、水や熱に弱い「硫化アリル」を摂り入れることができます。

「硫化アリル」は血流の流れを良くしてくれる作用があるので妊活にはピッタリ。

ビタミンBもたっぷり含まれています。

おススメは「新玉ねぎの甘酢漬け」。

まずは新タマネギを繊維に沿ってスライスします。

酢と砂糖を耐熱容器に入れ、電子レンジて30秒加熱し、よくかき混ぜてから塩を加えます。

密閉袋に新玉ねぎと調味料を入れて空気を抜き、半日冷蔵庫で寝かしたら出来上がり。

カレーなどの付け合わせにもぴったりです。


●菜の花の炊き込みごはん

菜の花は妊活中に欠かせない「葉酸」をたっぷり含む食材。

その他カロテン、カルシウムなど栄養がたっぷりです。

おひたしなども美味しいですが、ちょっとひと手間かけて「菜の花の炊き込みごはん」はいかがでしょうか。

菜の花は塩を入れた熱湯でさっと茹で、冷水にとり水気を切っておきます。

いつも通りの水加減で炊飯器にお米を用意し、ツナ缶をオイルごと入れ、しょうゆと塩を適量。

炊き上がったら菜の花を入れてゴマをふりかけて出来上がり。


●アスパラガスの焦がしにんにく醤油

春に美味しいアスパラが持つ「アスパラギン酸」は、新陳代謝を活発にしてくれます。

パスタやサラダはもちろんですがここでは「焦がしにんにく醤油炒め」をご紹介。

アスパラガスは根元とはかまを除いて3~4cmの斜め切りにし、熱湯で茹でザルに上げます。

にんにくをみじん切りにしフライパンにごま油とにんにくを入れて弱火にかけ、香りが立ったらしょうゆ、酢、砂糖を入れて中火で煮立てます。

香ばしくなってきたらアスパラを入れからめて出来上がり。

ニンニクの香りが食欲をそそります。

ラルーンプレミアム会員機能の子宝レシピにも、美味しい妊活レシピが紹介されていますので、ぜひチェックを。




妊娠への努力も、我慢ばかりではなかなか続きません。

旬の食材で美味しく妊活し、春の栄養をたっぷり摂りいれてくださいね。