赤ちゃんを連れて海外旅行!気を付けたいことは?

赤ちゃんを連れて海外旅行!気を付けたいことは?

旅好きな人は「赤ちゃんが生まれたらなかなか旅に行けないのかな…?」と不安になることもあるのでは。

特に海外旅行などはハードルが高く、子供が大きくなるまではと諦めモードの人もいますよね。

ですが赤ちゃんを連れて海外旅行に行くことは不可能ではありません。

今回は気を付けたいポイントなどをご紹介します。


●赤ちゃんはいつから飛行機に乗れるの?

生後間もない新生児を飛行機に乗せることはとても大変なことです。

気圧の変化で耳への違和感を感じても、耳抜きができないので不快な思いをし、大泣きしてしまうこともあります。

安全面も考慮して、早くても首がすわる生後3か月ほどまで待ちましょう。

また、海外へ行く時の国際線は航空会社によって生後いつから搭乗できるかが変わってきます。

事前に確認しておくことが必要です。

長い間のフライトを考えると、1歳前後まで待った方が色々と安心かもしれませんね。


●行き先のチョイスは?

赤ちゃん連れで行く場合は、やはり行き先のチョイスも大事。

まずは時差があまりないところを選ぶことが大切です。

まだ母乳の赤ちゃんや離乳食はじめの場合、どの時間にご飯をあげたらいいのか、時差によってわからなくなってしまいます。

また、直行便で行けるかどうかも大事なポイント。

乗換は赤ちゃんだけでなく大人も体力を使います。

トラブルが起こりやすい行程は避けましょう。


●持っていくものは?

赤ちゃん連れで気を付けたいのはなんといっても持ち物。

離乳食などは現地調達よりも、こちらから食べなれたものを持っていくのが無難です。

レトルトの白米やパン、おかしなどを十分な量持っていきましょう。

また、レストランなどで利用するチェアベルトを持っていくと、子供用の椅子やハイチェアが用意されていない場所で重宝するかも。

また、海外旅行保険は赤ちゃんの分も忘れず加入するようにしましょう。


行き先が決まったら、その周辺などをいつもより入念に調べて赤ちゃんにとってストレスの少ない旅行になるようにしましょう。

せっかく行くのであれば、思い出に残る楽しい旅にしたいですね。