ショート?ロング?妊娠中におススメのヘアスタイル

ショート?ロング?妊娠中におススメのヘアスタイル

妊娠中はホルモンバランスのせいで髪質が変わることがあります。

また、体調の変化でなるべく面倒でないスタイルにしたいという人も少なくありません。

それでもオシャレはしたいというのも女性の本心。

妊娠中はどんなヘアスタイルが良いのでしょうか。


●ショートカットの場合

お風呂の後に乾かすのも楽チンで、手間のかからないショートカットはやはり妊娠中におススメ。

妊娠中はホルモンバランスの影響で毛量が増える、という人もいるのでサッパリとしたショートはスタイリング的にも良いかもしれません。

ですが細目に美容院に行かなければならないことがデメリット。

出産後に抜け毛が激しくなるので、その時期にショートにする、という人も多いようです。


●ボブの場合

女性らしさもキープできるボブスタイルは妊婦さんにも人気のヘアスタイル。

短いボブであればお風呂も手間がかかりませんが、前髪や横の髪が落ちてくるのは少しわずらわしいかも。

ボブであれば後ろにも束ねられるくらいの長さにしておき、夏場の暑い時は結べる方がスッキリしそうです。

ハネるのが気になる人はパーマをかければ毎朝簡単なスタイリングで済むかも。

ただ、妊娠中のカラーやパーマは敏感になっている皮膚がかぶれてしまったり刺激的な匂いで気分が悪くなったりするかもしれないので、十分気を付けましょう。


●ロングの場合

手間もかかり美しく保つのは難しいロング。

ですが女性らしさを大事にしたい人にとっては簡単に切れない、という場合もありますよね。

出産後に切る人も多いので、せめて妊娠中はロングを楽しみたい、という人も。

清潔感を失わないよう、ヘアアレンジをして楽しんでみましょう。

カチューシャやヘアゴムなどアクセサリーでうまくまとめれば、周りよりもおしゃれで可愛い妊婦さんになれるかもしれません。


体調不良が続くと、なかなか自分のケアに手が回らない妊娠中。

どんなヘアスタイルが自分にとって負担がないかを考え、その上でオシャレを楽しめるといいですね。