どんなサイズを買えばいい?ベビー服の選び方

どんなサイズを買えばいい?ベビー服の選び方

これから赤ちゃんが生まれる人、お友達の出産祝いでベビー服をあげたい人……

初めての時は「ベビー服、サイズはいくつをあげればいいの?」と迷ってしまいますよね。

今回は「赤ちゃんの服を買う時のサイズの選び方」をご紹介します。


●ベビー服のサイズは、新生児期はだいたい同じ

成長していくと個人差も出てくる身長や体重ですが、生まれたばかりの頃、新生児期から生後6ヶ月まではほとんどが「60・70cm」のベビー服を着ることになります。

小さく産まれた赤ちゃんであれば50cmということも。

生後6ヶ月~1歳であれば70cm~80cm、1歳~1歳半なら80cmが目安ですが、このくらいになると個人差も出てきますので服を買ってあげる子の特徴を見て選ぶようにしましょう。


●60・70cmはすぐに着られなくなる

赤ちゃんは1歳までの間に大きく成長するので、プレゼントで新生児用の服をあげてもあっという間に着られなくなってしまいます。

大きい子であれば60cmを着たのはほんの一瞬、というベビーも。

もちろん新生児期も服は必要なのですが、もし長く着て欲しいと思うのであれば80cmや90cmをプレゼントするのもいいかもしれません。

もらってすぐは着られませんが、成長してから「そういえば」ともらったプレゼントを着せてあげるのも良いものです。


●小さいよりは、大き目のものを

ベビー服は大きい分にはいずれ着ることができますが、小さいとせっかく買ってもほとんど着せることのないまま終わってしまいます。

プレゼントであれば少し大きめのものを買ってあげるのが良いでしょう。

ですが自分自身の子に買う場合は、あまりに大きいものは赤ちゃんにとっても着心地が悪いので、その月齢にフィットしたものをその都度購入することをおススメします。

特に靴は、大きすぎても小さすぎても足に負担がかかるので、細目に替えてあげることが必要です。


聞かずに間違えるよりは、お母さんに直接今のサイズを聞くなどするのが無難。

パッと見で平均的であるなら、年齢別の平均サイズの一覧表などを参考にするのもいいかもしれませんね。