出産祝いや誕生日に……「ベビーリング」のプレゼント

出産祝いや誕生日に……「ベビーリング」のプレゼント

「ベビーリング」ってご存知ですか?
最近は出産祝いや1歳の誕生日に赤ちゃん用の「指輪」を渡すのが流行しています。
おしゃれで記念にもなるベビーリング、どんなものを選ぶと良いのでしょうか。


●ベビーリングとは

ベビーリングは赤ちゃん用の指輪。
小さな小さなサイズのリングです。
ヨーロッパではかつて子どもが生まれると「食べ物に困らない」という願掛けとともに「銀のスプーン」をプレゼントする習慣がありました。
やがてこのシルバーのスプーンが転じ、シルバーのベビーリングを贈る風習へと変化していったそう。
ベビージュエリーとしてネックレスやペンダントをあげることもありますが、ベビーリングが一番浸透しているようです。


●誕生石をあしらったベビーリング

ベビーリングは一般的に赤ちゃんを守ってくれる「誕生石」をあしらって作ります。
日本では1月はガーネット、2月はアメジスト 、3月はアクアマリン 、4月はダイヤモンド 、5月はエメラルド 、6月はパール、7月はルビー、8月はペリドット、 9月はサファイア 、10月はオパール 、11月はトパーズ、 12月はターコイズ、となっています。
それぞれ花言葉のような「宝石言葉」もありますので、メッセージをこめて贈るのも素敵です。
生まれる前に作ってしまうと誕生月が変わる可能性があるので、ベビーリングは出産後に作るのがいいかもしれませんね。


●扱いには十分注意を

アクセサリーでお守りだといっても、さすがに赤ちゃんの指にずっとつけっぱなしでいるのは危険。 誤飲の可能性もあるので記念撮影をした後は大切にしまっておきましょう。
リングをペンダント代わりにしてお母さんが付ける、という方法もあります。
どちらにしても、子供が大きくなったら「こんなに小さな指だったのよ」と渡してあげるといいかもしれませんね。

おしゃれで一生の記念になるベビーリングはきっと喜ばれること間違いナシ。
大切な友人への出産祝いや家族でのお祝いに、検討してみてはいかがでしょうか。