財布の紐を握るのは?結婚後の家計管理について

財布の紐を握るのは?結婚後の家計管理について

結婚すると変わることはたくさんありますが、大きな変化といえば“お金”の問題ではないでしょうか。
独身時代と違って2人でやっていくからには、相談して誰がどのように家計をやり繰りするのかを決めなければいけません。
今回は結婚後のお金の管理について決めるべきことをご紹介します。


●どちらが管理するのか

結婚後、まず決めなければいけないのは“どちらが財布の紐を握るのか”という部分。
奥さんなのか、旦那さんなのか、それともバラバラで貯金だけをプールしていくのか。
また、貯金をする上での口座として共通口座を作るのかという問題もあります。
どう管理をするのかは共働きかどうかにも関係しますし、お互いの収入によっても向き不向きがあるかもしれません。


●夫が管理、妻が管理……どっちが良い?

男性が管理するパターン、女性が管理するパターン。
どちらもメリット・デメリットがありそうです。
例えば収入面のメインである夫が一括管理する場合、妻に毎月渡す生活費内でやりくりするため、余計な支出が抑えられます。
ただ、収入を得た方次第になるので、夫が好きに使ってしまう場合もあり、それを妻が把握できないといったデメリットも。
逆に妻が管理する場合は全体の把握ができますが、お小遣い制度に夫自身窮屈に感じてしまうというデメリットがあります。


●それぞれが支出を担当する

夫婦がどちらも収入に大きな差がない場合、それぞれが決められた支出項目を担当するという場合は多いようです。
夫が家賃と公共料金、妻が食費とその他、など、それぞれの支出を負担したら、あとはそれぞれ自由。一見良いようですが、お互いが無駄遣いをしても気づきにくく、家族としての貯蓄がしにくいというデメリットはあります。
ですがあまり縛られたくない、お小遣い生活は嫌、という夫婦にはストレスなく過ごせるかもしれません。

共働きかそうではないかによっても変わってくるお金の管理。
それぞれの性格や向き不向きもありますので、できることなら結婚前に一度きちんと話し合い、役割やルールを決めておくのがいいかもしれませんね。